なみよせブログ

今日は 将棋の日 。 熱田区で腱鞘炎、ばね指なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。超音波治療、鍼灸治療 が得意な名古屋市熱田区 のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の南区、北区、東区からもたくさんの患者様にお越し頂い てます。

こんにちは。岩瀬 康典です。
今日は漢方の分野から「養生」という言葉を紹介します。
「養生」とは、病気にならないための
①食事 ②運動 ③休息 ④睡眠 の方法です。
日本では50~60歳の寿命がほとんどだった江戸時代に、84歳まで生きた貝原益軒(かいばら えっけん)という福岡藩の儒学者が養生訓という健康指南書を書き現代に伝えています。

最近では朝晩が涼しく、昼間暖かい日がよくあります。
秋は気温差や、東洋医学的には乾燥(燥邪)による皮膚の不調、
自律神経失調症などにも注意が必要です。

そこで秋におすすめの食事の養生としては、
「辛味を控え、酸味、甘味、白い食材を摂る」と良いとされています。
大根やさつまいもやじゃがいも、柿、ぶどう、りんご、梨、豆腐、くるみ、酢などが条件にあたる食材となります。まだまだたくさんありますが、紹介しきれないので、ぜひなみよせ鍼灸接骨院に来院していただいて、気軽にお聞きください。

image