なみよせブログ

名古屋で腱鞘炎、ばね指の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。坐骨神経痛、寝違いの治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。名古屋市熱田区以外の北区、中村区、西区からもたくさんの患者様にお越し頂いています。

こんにちは。加藤佳樹です。今日は胃下垂について書きます。胃が正常な位置より下に垂れた状態をいい下がる事が原因で消化不良や栄養吸収などで悪影響を及ぼします。通常の位置は正面から見て、みぞおちの下辺りにありますが胃下垂の人は下腹部やお臍の辺りに位置してきます。
胃下垂になりやすい人は痩せ型で比較的高身長の人が多いようです。あとストレスによる胃の負担増大や胃の位置を保つ筋肉の不足、食べ過ぎなどです。症状的には食欲低下、胃もたれ、みぞおちの痛み、胸焼けといった症状も多い様です。
対策として規則正しい生活を心がけ、甘いものは控える、ストレスを貯めない、食べる時は背筋を伸ばす、食事は良く噛んで胃の負担を軽くする事などです。あとは腹筋運動で腹筋を鍛える事も効果があると思われます。効くツボはみぞおちとお臍の中間辺りににある中かん、頭頂部分の耳先の真上に伸ばした百会、お臍から親指二本分上がった所の下かんのツボの指圧、鍼灸は効きますよ。

交通事故の治療ならなみよせ鍼灸接骨院へ。