なみよせブログ

名古屋市熱田区で腱鞘炎、ばね指の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。めまい、冷え症の治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。名古屋市熱田区以外の中川区、中村区、西区からもたくさんの患者様にお越し頂いています。

こんにちは加藤佳樹です。
寒い季節が続きます。気温が低下して、湿度が極端に低いと風邪を引きやすくなります。
風邪は喉や鼻の粘膜が微生物による感染によっておこると言われています。
微生物の大部分がウイルスによるものです。冬の寒くて湿度の低い日は空気中以外にも、あらゆる所にウイルスは存在します。そして体に付着して感染を引き起こします。まず体に付着しているウイルスを洗い流す事で感染が大幅に防げます。手洗いと、うがいはマメにして下さい。特に手洗いは念入りに。
加湿器を使って湿度を高めてやるとウイルスを減らせます。エアコンで室温を高めるのも効果的です。
風邪のツボは親指と人差し指の根元の間にある合谷。
左右の鎖骨の窪みにある天突。頭部と首の間の上方なにある風府。
首を倒して背中との境にできる骨のでっばりの下の大椎というツボは温めると効果ありです。

image