なみよせブログ

名古屋で腱鞘炎、ばね指の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。坐骨神経痛、寝違いの治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。名古屋市熱田区以外の北区、中村区、西区からもたくさんの患者様にお越し頂いています。
当院の経路治療、鍼灸治療は〜幸せホルモン〜多幸感を与えてくれるオキシトシン分泌を促し精神安定物質であるセロトニンの分泌を促進させます。
こんにちは。加藤佳樹です。今日は集中力について書きます。最近は暑い日が続き勉強がはかどらないなど集中力が続かない日が多いと思います。集中力とはある事柄に感覚、注意を集中して事柄を成し遂げる能力の事をいいます。内的集中と外的集中に分けられ内的は集中力の対象が自分自身の心の内面に向けられる集中力の事です。外的は主に視覚で得た世界に向けられる集中力で味覚、触覚、聴覚なども含まれ一敗な集中力とは外的を指すことが多い様です。集中力を使っている時、脳内では神経伝達物質であるドーパミンか盛んに分泌され脳を集中させ覚醒させる働きを持っています。趣味や好きな事に取り組む時、好奇心や欲求の感情が甲状腺刺激放出ホルモンという脳内物質を作り出します。甲状腺刺激放出ホルモンは興味、関心の無い事でも集中力を高める作用を持ってます。集中力を高めるには、集中したい物以外は出来るだけ視界に入れ無い、脳がリラックス出来る様な睡眠の質の向上、集中力が落ちてきたら飴などで糖分を摂るなどです。
効くツボは手の中央で手を軽く握った時に中指が当たる所の労宮、両耳から垂直に線をのばして頭頂でぶつかる所の百会、左右の乳首を結んだ線の中央のだん中のツボの指圧、鍼灸は効きます。
交通事故の治療ならなみよせ鍼灸接骨院へ。