なみよせブログ

名古屋で腰痛、坐骨神経痛の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。腰痛、坐骨神経痛の治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の中川区、港区、南区からもたくさんの患者さんにお越し頂いています。

こんにちは、金子 泰士です。
今日は、改めて「陰と陽」について書きます。
東洋医学では、人と自然を1つの統一体として捉えます。その統一体における変化を表す概念に陰と陽があります。陰は暗い、冷たい、静かなどの性質があり、陽は明るい、熱い、活動的などの性質があり、あらゆるものを陰と陽に大別して考えます。陰と陽は、いずれかに偏らず、バランスをとりながら変化します。
人体も同じで、健康は陰と陽のバランスがとれている状態を指します。陰と陽のどちらかが多過ぎたり、少な過ぎたりすると、調子が悪くなります。陰と陽のバランスを調整することで、もとの健康な状態に戻すことができます。

参考文献『徹底図解 東洋医学のしくみ 新星出版社』

交通事故後の治療なら、なみよせ鍼灸接骨院へ。

IMG_0082