なみよせブログ

名古屋で眼精疲労、外反母趾の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。
肩こり「肩凝り」、腰痛、ぎっくり腰、むちうちの治療が得意な名古屋熱田区 のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の南区、港区、緑区からもたくさんの患者様にお越し頂い てます。

こんにちわ!日掛秀樹です今日は鼻炎について書きます。

鼻炎には種類があるの?
あなたの鼻炎は本当に「アレルギー性鼻炎」なのでしょうか?

鼻炎はアレルギー以外にも原因がありますので、その原因に対する対策が必要になります。

まずは鼻炎の種類を知り「本当にアレルギー性鼻炎なのか?」を判断しましょう。

①感染性鼻炎
鼻炎の中で最も一般的なもので、アレルギー体質の人でなくても発病します。

最も多いのは

風邪ウィルス
インフルエンザウィルス

による急性鼻炎で、それが慢性化すると慢性鼻炎になります。

慢性鼻炎の場合は、アレルギー性鼻炎との区別は一般の人にはつけにくいのですが、「感染性の急性鼻炎から慢性化すると慢性鼻炎になる」と解釈すれば良いでしょう。

医学的にはアレルギーが原因の場合は「アレルギー性鼻炎」と表記されるので、そこで区別しています。

急性鼻炎が慢性化する原因の多くは、抗生剤が効かないことであり、鼻炎症状が長引くと「慢性鼻炎」と診断されます。

一般的には3~5日以上改善しない場合に「慢性化した」と見なされ、抗生剤の変更などの治療方針の変更が検討されます。

慢性化した場合、鼻の奥にキノコ状の「鼻茸」というポリープができてしまい、蓄膿症と呼ばれる鼻の病気へ悪化しやすくなるため、早めの対策が重要となります。

②アレルギー性鼻炎
「アレルギー」とは、特定の物質に免疫機能が過剰反応してしまい、炎症を起こす症状です。

このとき、「アレルギーを引き起こす特定の物質」のことをアレルゲンと呼んでいます。

本来、鼻水やくしゃみなどのアレルギー反応は、体内に入ろうとする異物を「速やかに除去するための防御反応」です。

しかし、免疫機能が過剰反応しているため、通常よりも過敏に反応し、症状が強くなったり、症状が出ている時期も長引いてしまうのです。

アレルギー性の鼻炎には季節性のものと通年性のものがあります。

季節性のもので最も有名なのが「花粉症」です。

また通年性のアレルギー性鼻炎としては

「ハウスダスト」
「化学物質」
「光過敏」
「匂い過敏」

などが挙げられます。

花粉症の場合は、花粉が飛散する時期を過ぎると症状は落ち着きますが、通年性のものは一年中発作を起こす可能性があります。

また、一度発症すると完治が難しい非常に厄介な病気です。

③その他の鼻炎
特にアレルギーというわけであはりませんが、刺激の強い香辛料の入った料理や熱いものを飲食した時などは、鼻腔粘膜が刺激されて鼻水やくしゃみがでます。

これは一時的な「生理的な鼻炎」ですので病気ではありません。

他にも投薬中の人は薬の副作用で鼻炎症状が出る場合があり、これは病気としての薬剤性鼻炎となります。

薬剤性鼻炎を起こしやすい薬剤には

降圧剤
抗鬱(うつ)剤
避妊用ピル

などがあります。
鍼などで花粉症や鼻炎を和らげることができるので鍼などに興味がある方は何でも聞いてください!!

当院の経絡治療、鍼灸治療は
~幸せホルモン~多幸感を与えてくれるオキシトシンの分泌を促し、精神安定物質であるセロトニンの分泌を促進させます。
もし、この様な症状が当てはまる患者様は是非、名古屋市熱田区金山なみよせ鍼灸接骨院へお問い合わせ下さい!

交通事故での首、腰の痛みでお困りの方もお問い合わせ下さい。

名古屋で超音波治療、O脚矯正の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。
肩こり「肩凝り」、腰痛、ぎっくり腰、むちうちの治療が得意な名古屋熱田区 のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の南区、港区、緑区からもたくさんの患者様にお越し頂い てます。

こんにちわ。

日掛秀樹です今日は急性胃腸炎についてかきます。

 

実は急性胃腸炎とストレスは密接な関係があると言われています。
その理由に、人間はストレスを感じると脳が刺激され、その刺激が自律神経に伝わると胃腸の動きが活発になりますが、この時、胃が必要量以上の胃酸を出してしまうため胃粘膜が荒れてしまいます。
そのため、普段であれば問題ない食べ物やアルコールなどを摂取した時に、弱った胃粘膜が破壊され胃腸炎を引き起こしてしまうのです。
また、ストレスにさらされると体の免疫力が低下するのも胃腸炎になりやすい原因となります。
免疫とは、体内に侵入した細菌やウイルスなどを異物と感知し、攻撃・排除する事を言います。
この機能が低下するという事は、それだけ細菌やウイルスを侵入、増殖させやすい体になってしまうというわけです。
さらに、感染性胃腸炎の場合は原因となるウイルスや細菌が体外から排出されると胃腸の症状はなくなりますが、ストレス性胃腸炎の場合はストレスがなくならない限り、薬を飲んでも症状が治まりません。

症状は?

急性胃腸炎を患うと、激しい下痢や嘔吐、発熱、血便、全身の倦怠感などが襲ってきます。
一見、風邪とよく似た症状ですが感染性胃腸炎の場合、原因がウイルスや細菌によるものなので、猛烈な吐き気や下痢になり、風邪の時の「お腹が痛いなぁ・・便もゆるいなぁ・・」という感じとは明らかに違います。また、そのような嘔吐や下痢が繰り返されると脱水症状が現れる場合もあります。
特に子供の場合は、自分の症状を的確に言葉にする事ができないため、唇がカサカサに渇いていたり、長時間おしっこが出ていない時などは脱水を疑って病院へ行くのがよいでしょう。
さらに病状が悪化すると、心臓や肺、肝臓や腎臓などの大切な臓器を守ろうと体はショック状態に陥ります。
これは、本来であれば命に関わる臓器を保護しようとする生理的な働きなのですが、ショック状態が長く続く事は大変危険ですので、すみやかに病院へいきましょう。
鍼などで自律神経などを整えストレスを和らげるのも治療になりますのでそのあたりで気になった方はなんでも聞いて下さい!!

当院の経絡治療、鍼灸治療は
~幸せホルモン~多幸感を与えてくれるオキシトシンの分泌を促し、精神安定物質であるセロトニンの分泌を促進させます。
もし、この様な症状が当てはまる患者様は是非、名古屋市熱田区金山なみよせ鍼灸接骨院へお問い合わせ下さい!

交通事故での首、腰の痛みでお困りの方もお問い合わせ下さい。

名古屋で五十肩、坐骨神経痛の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。
肩こり「肩凝り」、腰痛、ぎっくり腰、むちうちの治療が得意な名古屋熱田区 のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の南区、港区、緑区からもたくさんの患者様にお越し頂い てます。

こんにちわ。

日掛秀樹です!
今日はメニエールについてかきます。

おもな症状
以下にメニエール病の主な症状についてまとめましたので、早期発見の役に立てていただければと思います。
回転性めまい
メニエール病の代表的な症状がめまいです。きっかけも何も無しに突然ぐるぐる回る激しいめまいが起き、平衡感覚がおかしくなり、立っていても横になっても辛いという状態が続きます。
発作は大体30分から数時間続きますが、冷や汗、吐き気、顔面蒼白になり、めまいと同時に耳鳴りや難聴が起きたりもします。
耳鳴り
多くの人はめまいの発作に続いてひどい耳鳴りを感じます。発作がおさまると共に耳鳴りもおさまりますが、耳鳴りの発作を何度も繰り返していると、いつでも耳鳴りがしている状態になってしまいます。原因のひとつとして、気圧も関係するといわれています。
頭痛
頭が重く、おさえつけられたような圧迫感のある頭痛を感じます。めまいと共に強い頭痛が起きた時は一刻を争いますので、速やかに医師に診てもらってください。1人で病院に行くのは困難なので、誰かにつきそってもらうか、誰もいない場合は救急車を呼ぶことも考えてください。
難聴
人によって色々な難聴のケースがあります。めまいや頭痛の発作と同時に出て、発作がおさまったあとにはなおってしまうような一時的な難聴や、何度も繰り返して、だんだん聴力が落ちていく難聴があります。いずれにしても低音が聞きづらくなります。
吐き気
めまいを起こすと、乗り物で酔った時と同じ状態になって吐き気がし、実際に吐いてしまう人もいます。また、めまいが起きてないのに、吐き気だけするという人もいます。
傾斜感
めまいの発作を何度も繰り返していると平衡感覚にダメージを受けてしまうので、発作が起きていなくても、フワフワと体が浮いたような浮遊感や、体が傾いている感覚に陥ってしまうことがあります。この状態のときは、転びやすくなっているので転んでケガをしないように注意しましょう。
メニエール病の初期症状はケアが大事!
メニエール病の治療方法は通院、薬、手術など様々な方法がありますが、何よりも初期の段階から日々のケアで早期対策することが大切です。
日々の習慣で対策する方法の一つとして、食事による栄養療法が有効な手立てだと言われています。
めまいや耳鳴りに悩むことが増えてきた・・・という方は、毎日の生活の中でできることから初めてみることをお勧めします。
初期のケアが大事なので鍼やマッサージなどで治療をしケアをしてみてはどうですか??

この様な症状が当てはまる患者様は是非、名古屋熱田区金山なみよせ鍼灸接骨院へお問い合わせ下さい!

交通事故での首、腰の痛みでお困りの方もお問い合わせ下さい。

名古屋で腰痛、膝痛の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。
肩こり「肩凝り」、腰痛、ぎっくり腰、むちうちの治療が得意な名古屋熱田区 のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の南区、港区、緑区からもたくさんの患者様にお越し頂い てます。

こんにちわ。

日掛秀樹です!
今日は胃炎について書きます。

急性胃炎
急性胃炎は、さまざまな原因で起きる胃粘膜の炎症で、日常的にも起こりやすい病気です。例えば、コーヒーや緑茶などの嗜好品や唐辛子などの香辛料の摂りすぎ、風邪薬や鎮痛剤などの影響が原因となる場合もあります。多くの場合、1日安静に過ごすことや、2~3日市販の胃腸薬を服用することで治ります。しかし、症状の程度によっては緊急に専門医の診断が必要な場合もありますので、充分な注意が必要です。
日常的に起こります
急性胃炎をくり返していると、慢性胃炎になります
症状
胃のあたりに不快感や痛みなどがある
胃のむかつきや嘔吐(時には吐血することも)
食欲不振
原因
大きくわけて、暴飲暴食やストレスなどの刺激によるものと、感染症やアレルギーなど体の中からのものが上げられます。
刺激によるもの
アルコール、コーヒー、香辛料、冷たいもの、熱いものなど刺激物の過量摂取
薬(アスピリンや抗生物質、非ステロイド性抗炎症剤、副腎皮質ステロイド剤など)の副作用
ストレス
タバコの吸いすぎ
不規則な生活
強酸、強アルカリなどの腐食性薬物などを飲んでしまったとき
体の中からのもの
消化器の病気以外の感染症(カゼやインフルエンザなど)
牛乳や卵、青魚などのアレルギー
治療
原因がはっきりしている場合は、その原因を取り除きます。その後は症状にあわせた薬を服用します。
半日から一日(1~2食)絶食して胃を休めますが、ぬるま湯などで水分は補うようにします。症状が軽いときは、これだけで楽になることが多いようです。食べられるようになったら、おかゆ、うどんなどやわらかい食事からだんだんと普通の食事にもどします。しばらくは、アルコールやコーヒー、カレーなど刺激の多い食品は避けましょう。
こんなときは、できるだけ早く専門医を受診しましょう。
激しい嘔吐などがあるとき
強酸、強アルカリなど腐食性薬物を飲んだとき
感染症やアレルギーによる胃炎
激しい痛みなどを伴う場合や症状をくり返すような場合には、専門医の診断を受けましょう。
鍼も効果をすごく発揮するので是非相談を✨

この様な症状が当てはまる患者様は是非、名古屋熱田区金山なみよせ鍼灸接骨院へお問い合わせ下さい!

交通事故での首、腰の痛みでお困りの方もお問い合わせ下さい。

名古屋で顔面神経麻痺、野球肩の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。
肩こり「肩凝り」、腰痛、ぎっくり腰、むちうちの治療が得意な名古屋熱田区 のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の南区、港区、緑区からもたくさんの患者様にお越し頂い てます。

こんにちわ。

日掛秀樹です!
今日は脳梗塞について書きます

脳梗塞ってどんな病気?
「血管が狭くなったり詰まったりすることで脳へ酸素とエネルギーが十分に供給されないことで脳の障害が起こるもの」をまとめて虚血性脳血管障害と呼びます。虚血性脳血管障害はさらに「脳梗塞」と「一過性脳虚血発作(TIA)」とにわけられます。脳梗塞は脳細胞にすでにダメージが起こってしまったもので、MRIという画像検査で梗塞巣(脳神経細胞が死んでしまった部分)を確認することができます。
一方TIAとは症状が出る程度の虚血性のダメージがあるものの不可逆な脳梗塞にまでは至っていない状態を指します。以前は「虚血性脳血管障害の中で24時間以内に症状が消えるもの」と定義されていましたが、これではMRIの所見から脳梗塞との関係に齟齬が生じることになってしまい、最近はMRIの普及とともに「MRI画像には脳梗塞が写らないが虚血による一時的な神経学的機能障害を起こすもの」と定義が変わりつつあります。ここで重要であるのはTIAを起こした方の15~20%の方が90日以内に脳梗塞を起こしていて特にTIA発症から48時間以内の早期に脳梗塞を起こすことが多いということです。いわばTIAは脳梗塞の前兆とも言える病態です。ですから最近はTIA診断後直ちに脳梗塞発症予防の精密検査を行い病態に合った治療を開始することが勧められています。ここで気を付けなければいけないことは必ずしも全ての脳梗塞に前兆としてのTIAが先行するわけではないということです。TIAを経ずに直接大きな脳梗塞を起こす場合もあるのです。

脳梗塞の分類
脳梗塞は、その発症のメカニズムと病気のタイプを組み合わせて診断します。
発症のメカニズム
1.血栓性(けっせんせい)
主な原因は動脈硬化です。動脈硬化によって脳の動脈がだんだん狭くなり、そこに血栓(血のかたまり)ができ、最終的に血管が詰まって脳梗塞が起こります。
2.塞栓性(そくせんせい)
心臓や、頸部等、血液が頭に至る手前の血管に出来た血栓などの塞栓源が血流にのって脳へ飛んで行き、血管が詰まって起こるものを塞栓性脳梗塞と言います。
代表的なものに心原性脳塞栓症があります。これは心臓で例えば心房細動というタイプの不整脈が原因で血栓ができ、それが脳に飛んで行き脳の血管を閉塞することで脳梗塞を起こします。突然に生じ、太い血管が侵されることが多いため重症で死亡率が高いことが多いことが特徴です。
3.血行力学性(けっこうりきがくせい)
もともと血管の狭窄(血管がせまくなること)があるものの脳梗塞を起こしてない状態に、血圧低下や脱水などが原因となって、脳の血流量が低下する事によって起こるものです。
病気のタイプ
発生のメカニズムによる分類は、先の「血栓性、塞栓性、血行力学性」の3つに分類されますが、実際の臨床現場では、病気がどんな原因で起きているかによって治療方針が違うため、以下のような臨床病型分類が使われます。
1.アテローム血栓性脳梗塞
近年の食生活欧米化により増加傾向にあります。大動脈や頸動脈等の頭蓋外の動脈、更には頭の中の比較的太い動脈の動脈硬化に起因するタイプの脳梗塞です。①動脈硬化によって細くなった血管が血栓により閉塞する場合と、②動脈硬化を背景に生じた血栓が血流にのって飛んで行って頭の中の血管を閉塞する場合があります。半分弱のケースで前触れとしてのTIAを認めると言われています。
2.ラクナ梗塞
原因として高血圧との関連が強いと考えられているタイプです。日本人に多いとされていましたが、近年は減少傾向です。脳梗塞の大きさが1.5cm未満のものが該当し、穿通枝領域(せんつうしりょういき)と呼ばれる脳の比較的中心あたりに発生する小さな脳梗塞です。
3.心原性脳塞栓症
心臓に血栓ができ、その血栓が脳に流れて動脈を塞いで起こる梗塞です。原因となる代表的な病気には心房細動、急性心筋梗塞、心臓弁膜症などがあります。

このようになる前にマッサージや鍼などで血流を良くして対策し脳梗塞になるのを防ぎましょう!マッサージはとても筋肉が柔らかくなり酸素が運ばれやすくなります!血流が良くなるとヘモグロビンも運ばれやすくなります。そうすると頭も冴えるし栄養が身体中にめぐるので病気にもなりにくいい事ばかりです。

この様な症状が当てはまる患者様は是非、名古屋熱田区金山なみよせ鍼灸接骨院へお問い合わせ下さい!

交通事故での首、腰の痛みでお困りの方もお問い合わせ下さい。