なみよせブログ

名古屋で腱鞘炎、ばね指の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。
肩こり「肩凝り」、腰痛、ぎっくり腰、むちうちの治療が得意な名古屋熱田区 のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の南区、港区、緑区からもたくさんの患者様にお越し頂い てます。

こんにちわ。

日掛秀樹です!
今日は野球肘についてかきます。

症状

成長期にボールを投げすぎることによって生じる肘の障害を野球肘といいます。
投球時や投球後に肘が痛くなります。肘の伸びや曲がりが悪くなり、急に動かせなくなることもあります。

原因と病態

繰り返しボールを投げることによって肘への負荷が過剰となることが原因です。
肘の外側で骨同士がぶつかって、骨・軟骨が剥がれたり痛んだりします。また、肘の内側では靱帯・腱・軟骨がいたみます。肘の後方でも骨・軟骨がいたみます。

診断

野球をしていて、肘に痛みがあり、動きも悪いなどの症状があれば、野球肘が疑われます。
X線(レントゲン)検査やMRI撮影で診断します。

予防と治療

投球の中止が重要で、肘の安静が大切です。痛みを我慢して投球を続けていると障害が悪化して、症状によっては手術が必要になることもあります。
手術には、骨に穴をあける方法、骨を釘のようにして移植する方法、肋軟骨や膝の軟骨を移植する方法などがあります。

この様な症状が当てはまる患や者様は是非、名古屋熱田区金山なみよせ鍼灸接骨院へお問い合わせ下さい!

交通事故での首、腰の痛みでお困りの方もお問い合わせ下さい。

IMG_0096

名古屋でめまい、冷え性の治療なら

地下鉄名城線、金山駅より徒歩5分。不妊、逆子の治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の中区、昭和区からもたくさんの患者さんにお越し頂いています。

こんにちは!林田恵美子です。

今日のツボは「少海」(しょうかい)について

場所は、肘を曲げた時にできる横ジワの内側です。

効能は、
〇肘から前腕にかけての痛み、わきの下の痛み
〇野球肘、テニス肘
〇頭痛、めまい、耳鳴り
〇冷え症、歯痛

少海の「少」は、少ないという意味です。「海」は、海のように、人間の生命維持に必要なエネルギーである気血が大量に集まる場所になります。

そして、心臓病を持っている人は左の少海(しょうかい)が少し触れるだけでも痛がることが多いです。

なぜかというと、東洋医学的には心臓から他の場所を数か所回ったのち、最終的に尺骨神経の走行で流れるようになっています。なので、東洋医学的につながっていると考えられるからです。

押し方は、優しく軽く、凝りをほぐすのが一番効果的です!肘の痛みがある人は、鍼で神経に当てて痛みを緩和させることもあります。

是非使ってみてください!!
交通事故の治療ならなみよせ鍼灸接骨院へ。

image

名古屋で腰痛、肩こりの治療なら

地下鉄名城線、金山駅より徒歩5分。不妊、逆子の治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。

名古屋の熱田区以外の中区、昭和区からもたくさんの患者さんにお越し頂いています。

こんにちは!林田恵美子です。

今日のツボは「尺沢」(しゃくたく)について

場所は、肘の内側で、肘を曲げた時に出来る横ジワの真ん中にある硬い筋(上腕二頭筋腱)の外側です。

効能は、
〇咳止め、花粉症
〇テニス肘、野球肘による肘の痛み
〇腱鞘炎、手の痺れ
〇関節リウマチ

東洋医学では、尺沢の「沢」は、低くへこんだ地形を意味し、水が溜まる所を指しています。
呼吸をつかさどる肺経という経絡(気が巡るルート)が滞ってくると、気管支の水分調整が悪くなり、咳や痰が出やすくなります。

尺沢は「扁桃のツボ」とも呼ばれています。
扁桃の腫れや痛みの解消に効果的です。

もちろん肘や手の痛みにも使えます。尺沢の鍼灸治療も効果的です。
是非使ってみてください!!

image