なみよせブログ

名古屋で腱鞘炎、ばね指の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。坐骨神経痛、寝違いの治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。名古屋市熱田区以外の北区、中村区、西区からもたくさんの患者様にお越し頂いています。

こんにちは加藤佳樹です。
今日は歯ぎしりについて書きます。
睡眠時に歯ぎしりを指摘される人は多いんじゃないでしょうか?
無意識のうちに歯を擦り合わせたり歯を噛み締めたりする事で音が出る症状です。3つのタイプに分けられ歯を擦り合わせるタイプ、噛みしめるタイプ、上下の歯をカチカチ鳴らすタイプがあります。
原因はストレスによるものや逆流性食道炎による胃酸の逆流やタバコ、アルコールなどの刺激物による睡眠不足も大きな原因です。
対策はストレス、不安の解消で良い睡眠の環境をつくる事や食事、運動を規則正しくして生活する、マウスピースなどで物理的対策するなどです。
効くツボは左右鎖骨の間の窪にある天突、髪の生え際で中心から親指一本分の上星、良い睡眠を得るため頭のてっぺん中央にある百会の指圧、鍼灸はいいですよ。

当院の経絡治療、鍼灸治療は〜幸せホルモン〜多幸感を与えてくれるオキシトシンの分泌を促し、精神安定物質であるセロトニンの分泌を促進させます。

筋膜リリース(グラストンテクニック
GTJグラストンテクニックジャパン認定者3名在籍
国内でもグラストンテクニックを受けられる数少ない治療院です。
交通事故の治療ならなみよせ鍼灸接骨院へ。

名古屋で腰痛、首痛の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。
肩こり「肩凝り」、腰痛、ぎっくり腰、むちうちの治療が得意な名古屋熱田区 のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の南区、港区、緑区からもたくさんの患者様にお越し頂い てます。

こんにちわ。
日掛秀樹です!

今日は歯ぎしり(はぎしり)についてかきます。

歯ぎしりの主な原因は「ストレス」

歯ぎしりの原因について気になっている人も多いのではないでしょうか?
歯ぎしりの原因はさまざまですが、とくに考えられているのは「ストレス」です。
過剰なストレスを受けている人ほど、歯ぎしりになる傾向が強いと言われています。
現代はストレス社会と言われていますが、ストレスを上手に発散することができず、溜め込んでしまう人が多いのです。
ストレスを溜め込むと就寝中にストレスの影響で歯ぎしりや食いしばりを起こしてしまいます。
ストレスを上手に発散するのも、歯ぎしりを解消する大きなポイントになるでしょう。
自分は日ごろ、ストレスを受けていないかどうか考えてみてください。

ストレス以外の原因
ストレス以外にも歯ぎしりの原因はたくさんあります。
例えば、歯の噛み合わせやアルコールの摂りすぎ、過剰な喫煙、逆流性食道炎などが挙げられるでしょう。
中でも、「歯のかみ合わせの悪さ」が多いです。
歯並びが悪い人はほとんどが歯の噛み合わせの悪さが原因になっています。
現在、虫歯治療中や詰め物が合っていない場合、歯を抜いた後、顎の筋肉バランスが悪いのも歯ぎしりの原因でしょう。
治療中の歯をそのまま放置している人は、歯ぎしりがひどくなる前に治療を早く終わらせてください。
そして、過剰な喫煙やアルコールの摂取も歯ぎしりの原因になっています。
含まれているニコチンが歯ぎしりの要因になっており、摂取を控えなければ歯ぎしりは解消されません。
毎日飲みすぎ、吸いすぎの傾向がある人は気をつけてくださいね。

予防法は、規則正しい生活習慣を送る
歯ぎしりを予防するためには“規則正しい生活習慣”を送ることも大切です。
過剰なストレスやアルコール・喫煙が原因になっているように、上手にストレスを解消し、生活習慣・食生活を改善してください。
できるだけ喫煙・アルコールを控え、自分がリラックスできる空間・時間を作りましょう。
人によってさまざまなストレス解消があるように、自分にとって何がストレス解消になるのか考えてみてください。
また、心身ともに休まる「睡眠」も大切です。
睡眠をきちんと取ればストレス解消につながりますし、体の疲れも自然と取れるでしょう。

このような事が当てはまる方は是非、名古屋熱田区なみよせ鍼灸接骨院へお問い合わせ下さい。

image