なみよせブログ

名古屋で腰痛、肩こりの治療なら

地下鉄名城線、金山駅より徒歩5分。不妊、逆子の治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の中区、昭和区からもたくさんの患者さんにお越し頂いています。

こんにちは!林田恵美子です。

今日のツボは「環跳」(かんちょう)について

場所は、お尻の横、股関節部で股関節の外側にできる横絞の外端です。

効能は、
〇腰痛、膝関節の痛み
〇偏頭痛、股関節痛、神経痛
〇リウマチ、成長痛(ペルテス病)
〇下肢の痺れ、痛み

このツボは、「環」のように丸い形をしている骨盤の中にあります。このツボに鍼を打つと、跳べなかった体が再び跳躍できるようになるので環跳と呼ばれるようになりました。

押し方は、げんこつで環跳をトントン、トントンと20回前後叩いて血行をよくしましょう。お尻の血行が良くなると腰が軽くなります。げんこつではなく、掌の付け根でゆっくりと回しながらもむようにするのも良いでしょう。 強く押すと痛みを感じるツボです。また、大腿部(太ももの外側)から足の外側に向かって響くツボでもあります。

デスクワークや立ちっぱなしの仕事の方は、特に、お尻の筋肉が固まりがちです。環跳を押して、しっかりほぐしましょう!!!

image