なみよせブログ

名古屋で頭痛、膝痛の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。
頭痛、膝痛の治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の南区、港区、中川区からもたくさんの患者さんにお越し頂いています。

こんにちは、金子 泰士です。
今日は前回に続いて「問診」について書きます。
問診する上で、多くの患者さんの自覚症状となるのが痛みです。
東洋医学では、痛みは実証の痛みと虚証の痛みに分けられます。
風邪・湿邪・熱邪など外邪の侵入や気・血・津液の停滞などでは実証の痛み、体力低下などで気・血・津液・精が不足して気や栄養分が行き渡らないと虚証の痛みが起こります。
痛みは局所に限らず、臓腑の異常が経絡を通じてほかの関連する部位にあらわれる場合もあります。
また、痛みの性質から原因を推測することも。例えば、腹部に気が停滞すると膨満感を伴う痛み(脹痛)、血が停滞すると鋭利なもので刺されたような痛み(刺痛)、気や血が不足すると我慢できるが長引く鈍痛(隠痛)、というように原因によって痛みの性質も異なります。
そのため、問診でズキズキ・ジンジン・キリキリなど痛みの性状がわかれば、その後の治療に役立ちます

 

当院の経絡治療、鍼灸治療は
〜幸せホルモン〜多幸感を与えてくれるオキシトシンの分泌を促し、精神安定物質であるセロトニンの分泌を促進させます。
交通事故後の治療なら、なみよせ鍼灸接骨院へ。

名古屋で頭痛、膝痛の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。
頭痛、膝痛の治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の春日井市、豊川市、岡崎市からもたくさんの患者さんにお越し頂いています。

こんにちは、金子 泰士です。
今日は「五行説(ごぎょうせつ)」について書きます。
東洋医学の基本的な概念として五行説があります。
これは自然宇宙に存在する全てのものを木・火・土・金・水の5つの要素に分け、それぞれの性質にあてはめる考え方で、陰陽論と結びつけて陰陽五行説とも言います。
五臓もその1つで、肝・心・脾・肺・腎はそれぞれ木・火・土・金・水に分けられます。5つの要素が互いに影響し合いながらバランスを保っています。
他に五行にあてはめた代表的なものとして、五季(春・夏・土用・秋・冬)、五色(青・赤・黄・白・黒)、五穀(麦・黍・粟・稲・豆)などがあります。

交通事故後の治療なら、なみよせ鍼灸接骨院へ。

名古屋で頭痛、膝痛の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。頭痛、膝痛の治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の東海市、稲沢市、犬山市からもたくさんの患者さんにお越し頂いています。

こんにちは、金子 泰士です。
今日は東洋医学における「六腑(ろっぷ)」について書きます。
以前、五臓について書きましたが、その五臓と密接に関係しているのが六腑です。
六腑とは小腸・大腸・胃・胆・膀胱・三焦(さんしょう)からなります。
五臓が気血や精で満たされているのに対して、六腑は飲食物と水分の通り道となる管を指します。
三焦以外の5つの腑は、それぞれ五臓と対になっています。(心と小腸、肺と大腸、脾と胃、肝と胆、腎と膀胱)
三焦は全身の津液の通り道で、臓器と臓器の隙間を指し、上焦・中焦・下焦に分けられます。
臓腑のどちらかが悪くなると、その対となる部位にも影響し、異常が起きやすくなります。

交通事故後の治療なら、なみよせ鍼灸接骨院へ。

名古屋で腱鞘炎、ばね指の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。坐骨神経痛、寝違いの治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。名古屋市熱田区以外の北区、中村区、西区からもたくさんの患者様にお越し頂いています。

こんにちは。加藤佳樹です。今日は骨軟化症についてです。骨が弱くなる病気で成長期に骨が形成される過程で十分に骨が石灰化されないで骨が脆くなります。大人における名称で小児期であればクル病という病名になります。
原因はビタミンD不足が最も多いです。ビタミンD不足は骨の強度を維持するカルシウムの処理が出来なくなる、カルシウムの吸収が弱くなるなど骨が脆弱になる原因になります。
症状は初期段階では自覚症状は少なく腰痛、膝痛、股関節痛や骨が出ている部分の大腿骨、骨盤などの圧痛があり病気の進行が進むと歩行障害、下肢筋力低下、脊柱の変形が見られる様になります。対策としてはビタミンD製剤の投与、日光浴により紫外線を浴びる。紫外線は骨を強くします。食事は牛乳やキノコ、魚や玉子類が骨を強くします。効くツボは足裏で指を曲げた時に出来る窪みの勇泉。内くるぶしの指4本分上の三陰交。外くるぶしの上で指4本分の懸鐘などのツボの指圧、鍼灸は効きます。
交通事故の治療ならなみよせ鍼灸接骨院へ。

IMG_0104

名古屋で頭痛、膝痛の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。頭痛、膝痛の治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の港区、南区、東海市からもたくさんの患者さんにお越し頂いています。

こんにちは、金子 泰士です。
今日は、「気・血・津液・精」について書きます。
病気の原因となる邪気から身体を守る力である正気については前回書きましたが、その正気を構成するのが、気・血(けつ)・津液(しんえき)・精の4つの要素です。
東洋医学において、気は人体を循環するエネルギーであり、血は血脈中を巡って全身の組織に栄養をもたらします。津液は血脈外の組織に浸透して体内を潤す水分、精は人体の活力源を指します。これら4つの要素が体内を巡り、生命活動を維持しています。4つがバランス良く、正常に循環していれば、正気が充実し、病気にかかりにくくなります。
慢性病では気・血・津液・精のバランスが崩れていることが多く、気・血・津液・精のバランスが正常になるように治療することで、症状の改善を図ります。

交通事故後の治療なら、なみよせ鍼灸接骨院へ。

IMG_0093