なみよせブログ

名古屋で不妊、逆子の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。
肩こり「肩凝り」、腰痛、ぎっくり腰、筋膜リリース、むちうちの治療が得意な名古屋熱田区 のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の南区、港区、緑区からもたくさんの患者様にお越し頂い てます。

こんにちわ!日掛秀樹です今日は尿管結石について書きます。

症状は?

背中の痛みでも右もしくは左の限局した痛み、結石の場所によっては足の付け根(ソケイ部)、下腹部の痛みが出ることがあります。健診などの超音波で結石が見つかったりする無症状なこともあります。時々、頻尿、残尿感などの膀胱炎に似た症状で来院される方もいます。
 結石が大きい場合は症状が出ないことが多く、小さな結石は尿管に引っかかった時が激痛となります。

結石予防

今は成人病の一つとして体脂肪率が高い方はそうでないかたに比べて、結石になりやすいといわれております。
食事では結石の種類によって予防方法が違います。
尿酸結石:痛風にならない予防。内服治療を行う。時間はかかりますが、場合によって結石を溶かすことができます。(溶解療法)
シュウ酸カルシウム結石:減量、食事療法など生活習慣を変える。
普段からのこまめな水分摂取は必要です。(一日の水分量は1.2リットルと言われております。)

また、早期回復、スポーツの早期復帰を希望の方でもし、この様な症状が当てはまる患者様は是非、名古屋市熱田区金山なみよせ鍼灸接骨院へお問い合わせ下さい!

筋膜リリース (グラストンテクニック)
GTJグラストンテクニックジャパン認定者3名在籍
国内でもグラストンテクニックを受けられる数少ない治療院です。

交通事故での首、腰の痛みでお困りの方もお問い合わせ下さい。

名古屋でめまい、冷え性の治療なら

地下鉄名城線、金山駅より徒歩5分。不妊、逆子の治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の中区、昭和区、北区からもたくさんの患者さんにお越し頂いています。

こんにちは!林田恵美子です。

今日のツボは「気海」(きかい)について

場所は、おへそから指2本分下です。

効能は、
〇月経障害、不正出血
〇精力減退、ED(インポテンツ)
〇腎臓病、膀胱炎
〇うつ病、心身症 etc…

◎名前の由来◎
気は、先天の元気を表します。
海は、大海を指しています。生命エネルギーである気が、全身を巡って最後にたどり着く大海であるというツボです。

以前紹介した、気海の少し下にある「関元」とともに、生命を維持するうえで重要な意味をもつツボです。

◎押し方◎
気海は、お灸か温熱療法が効果的です。指で押す場合は、仰向けになり人差し指と中指を揃えてツボに当てて、ゆっくりと押しましょう。3〜5分程度繰り返します。注意点として、強く押しすぎないように気をつけましょう。

そして、お臍の下あたりは、「丹田(タンデン)」と呼ばれ、全身の精気が集まるところです。アイスの食べ過ぎや冷たい飲み物を好む方は、なるべく温めるように心がけましょう!!

当院の経絡治療、鍼灸治療は
〜幸せホルモン〜
多幸感を与えてくれるオキシトシンの分泌を促し、精神安定物質であるセロトニンの分泌を促進させます。

筋膜リリース (グラストンテクニック)
GTJグラストンテクニックジャパン認定者3名在籍
国内でもグラストンテクニックを受けられる数少ない治療院です。

交通事故の治療ならなみよせ鍼灸接骨院へ!

名古屋で美容鍼、美容電気鍼の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。
肩こり「肩凝り」、腰痛、ぎっくり腰、むちうちの治療が得意な名古屋熱田区 のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の南区、港区、緑区からもたくさんの患者様にお越し頂い てます。

こんにちわ。

日掛秀樹です!
今日は膀胱炎について書きます!

膀胱炎とは
膀胱炎とは、尿管から入り込んだ大腸菌などの細菌が膀胱内で増殖してしまい、膀胱内の粘膜が炎症を起こす病気です。
そもそも私たちの周囲には、常に細菌が存在しています。それは尿管周辺も同じです。体調の良い時であれば、たとえ細菌が尿道に入り込んでも排尿の際に尿と一緒に外に出してしまうので、膀胱炎になりません。
しかし、疲れが溜まっていたり、ストレスなどで免疫が落ちていたりすると、細菌が膀胱内で増殖してしまい、膀胱炎になってしまうのです。
また、膀胱炎は男性よりも女性に多いと言われています。それは、男性に比べて女性の尿道は4~5cmと短く、尿道口から膀胱の中に細菌が入りやすいという身体の構造上の仕組みによるもの。さらに、女性は尿道口と肛門や膣の距離も近く、物理的に尿道口に細菌が入りやすこともあります。
こんな症状が出たら膀胱炎かも…
膀胱炎の症状は、頻尿や尿の状態の変化、陰部周辺の痛み、腹痛や下腹部の違和感、炎症による発熱や腰痛、かゆみなど多方面にわたります。主な症状をリストアップしましたので、チェックしてください。
トイレに行った後、またすぐにトイレに行きたくなる(頻尿)
排尿後、まだ尿意が残っている(残尿感)
下腹部が重くてだるい感じがする(下腹部痛)
排尿時または排尿後に痛みを感じる(排尿痛)
悪寒がする(熱)
尿が濁っている、色が違う(尿の変化)
また、普段からトイレが近い高齢者や症状が軽度の場合、違和感のみではっきりとした自覚症状がないため、見過ごしてしまいがちです。
あなどって、何の対処もせずに放置しておくと、排尿痛、腹痛、高熱などがひどくなり、こじれてしまって腎盂腎炎や腎臓への感染症も引き起こすこともあります。
とくに腰の痛みを感じたときは、こじらせる前兆かもしれませんので要注意です
泌尿器系の病気の受診は、なかなか人に言いにくく、受診もおっくうになりがちです。普段の状態と違う、膀胱炎かもしれないと思ったらまずは早めに受診しましょう。通常の急性膀胱炎なら、投薬による治療で症状はほどなく治まります。

この様な症状が当てはまる患や者様は是非、名古屋熱田区金山なみよせ鍼灸接骨院へお問い合わせ下さい!

交通事故での首、腰の痛みでお困りの方もお問い合わせ下さい。

名古屋でシンスプリント、肉離れの治療なら

地下鉄名城線、金山駅より徒歩5分。骨盤矯正、鍼灸治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の港区、中川区からもたくさんの患者さんにお越し頂いています。

今日のツボは「腎兪」(じんゆ)について

場所は、背中側のウエストライン中央から左右に指2本分外側のところです。

効能は
〇慢性腎炎、膀胱炎
〇月経痛、月経障害、不妊症
〇糖尿病による腎疾患、高血圧症、むくみ
〇坐骨神経痛、ぎっくり腰 etc…

腎兪は、むくみや倦怠感、尿量の減少といった、腎機能に関連した効果があります。

そして、慢性腎炎などの治療に用いられます。
また、同じ泌尿器系の臓器である膀胱や前立腺の病気にも効果を発揮します。

腎兪穴をゆっくりとやさしく揉む、息を吐く時に押し、吸う時に戻す、カイロなどで温める事を試してみましょう。
ぎっくり腰になりそうな重だるさを感じたら、腎兪を温めると予防にもなります。

腰はなるべく冷やさないようにしましょう!!

交通事故の治療ならなみよせ鍼灸接骨院へ

IMG_0124

名古屋で腱鞘炎、ばね指の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。坐骨神経痛、寝違いの治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。名古屋市熱田区以外の北区、中村区、西区からもたくさんの患者様にお越し頂いています。

こんにちは。加藤佳樹です。今日は頻尿について。一般的に起床時から就寝時の間に排尿でトイレに行く回数が8回以上行く人が頻尿に分類される様です。症状はトイレに行ったばかりだけど、またすぐトイレに行ってしまうとか寝ている時に尿意で目が覚めトイレにいく、何回もトイレに行くけど尿の量が少ないなどです。原因はうつ状態や緊張、ストレスなどの神経的なものや膀胱炎、前立腺肥大、尿道炎などの特定の疾患の場合があります。男性は過活動膀胱という疾患が多く膀胱を作っている排尿筋が過剰収縮して膀胱の容量が小さくなり頻尿を引きおこします。対策として膀胱訓練という意図的にトイレに行かない我慢をして回数を減らして行く訓練やお茶やコーヒーなどカフェインが含まれる利尿作用がある飲み物をとらない事です。効くツボは体全面でお臍から指4本分位の中極。手の小指の外側で爪の生え際の小沢。膝を曲げた時に膝の内側にできる窪んだ所の曲泉の指圧、鍼灸はいいですよ。
交通事故の治療ならなみよせ鍼灸接骨院へ。

IMG_0074