なみよせブログ

名古屋でぎっくり腰、めまいの治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。
肩こり「肩凝り」、腰痛、ぎっくり腰、むちうちの治療が得意な名古屋熱田区 のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の南区、港区、緑区からもたくさんの患者様にお越し頂い てます。

こんにちわ。

日掛秀樹です今日はギックリ腰についてかきます。

急性ギックリ腰とは?

では、なぜ急に腰が痛くなるのでしょうか。その痛みの原因となる主な3つの原因と、そのメカニズムについてご紹介していきましょう。
原因1:腰部椎間板の断裂/腰部椎間板ヘルニア
症状)腰からおしりにかけて痛みがあり、足にかけてしびれや痛みが走ることがあります。重いものを持ったりすると激痛が起こり、ぎっくり腰の状態になることがあります。
<メカニズム>
腰の骨と骨の間には、クッションの役目をする椎間板と呼ばれるものが存在します。この椎間板は常に体の重みを支えていて圧力がかかっています。加齢によってだんだん変化し椎間板の断裂が起きる事があります。そしてその椎間板の一部が、サンドイッチの中身がつぶれて出てくるような感じで出てきて、背骨にそって走っている神経を圧迫するため痛みが起こります。
原因2:腰部椎間板症
症状)慢性的に痛みが起こる場合もありますが、前にかがむような姿勢や体をねじった際に急に痛みが起こることがあります。
<メカニズム>
椎間板は中央は髄核とよばれる部分と、その外側の線維輪と呼ばれる部分で構成されています。髄核は水分を多く含むゲル状の物質でできており、線維輪はコラーゲンからできています。これらは年齢とともに減ってきて椎間板のクッションとしての機能が落ちてきます。クッション性がなくなることによって骨のまわりの筋肉や関節に負担がかります。無理な姿勢や急激な外圧などで、負担がかかっていた筋肉や関節を痛めることにより腰痛が起こります。
原因3:腰椎圧迫骨折
症状)転倒や腰をひねった後などに、強い腰の痛みが発生し強い痛みが持続します。
<メカニズム>
特に多いのは骨粗鬆症がベースにあって、骨が弱くなっている状態のときに、転倒などで外力がかかって骨折するケースです。骨がもろいため、転倒などの強い力でなくてもちょっと腰をひねるなどの動作でも起こることもあります。骨折する事により激しい痛みが起こります。

まとめ
いわゆる「ぎっくり腰」は加齢などにより椎間板が弱くなり亀裂が入っていたりするところに、外圧(無理な姿勢や、重いものを急に持ち上げるなど)がかかることにより椎間板やそのまわりの筋肉を痛めることにより起こります。日頃から重たいものを持つ時の体制や力の入れ方に意識したり、腰に負担のかかる体勢をとらない癖をつけるなどすることで弱った椎間板を保護してやる事ができそうです。加齢に伴う変化を止めることはできないため、正しい姿勢や保護する方法を知ってぎっくり腰を予防することが大切ですね。

当院の経絡治療、鍼灸治療は
~幸せホルモン~多幸感を与えてくれるオキシトシンの分泌を促し、精神安定物質であるセロトニンの分泌を促進させます。
もし、この様な症状が当てはまる患者様は是非、名古屋市熱田区金山なみよせ鍼灸接骨院へお問い合わせ下さい!

交通事故での首、腰の痛みでお困りの方もお問い合わせ下さい。

名古屋で腰痛、首痛の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。
肩こり「肩凝り」、腰痛、ぎっくり腰、むちうちの治療が得意な名古屋熱田区 のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の南区、港区、緑区からもたくさんの患者様にお越し頂い てます。

こんにちわ。

日掛秀樹です!

今日は腰部椎間板ヘルニアについてかきます!

腰部椎間板ヘルニアとは?

ぎっくり腰が症状名に対し、椎間板ヘルニアは病名です。立派な病気ということです。腰痛の痛みと共に、神経が圧迫されることによる痺れも同時に起こります。

椎間板ヘルニアは腰痛と違い、腰椎椎間板が突き出ていて、脊髄中枢神経や末梢神経が圧迫されている状態です。

椎間板って?

椎間板は24個の腰椎の間にあるクッションの役割をしているもので、背骨にかかる負荷を軽くしています。

構造については中心に髄核があり、髄核を包み込むように繊維輪軟骨があります。椎間板全体が負荷を軽くしているのではなく、中心にある髄核がクッションの役割をし、繊維輪軟骨が髄核を保護している形になります。

ヘルニアって?

椎間板ヘルニアは、上記の椎間板がヘルニアを起こすと言うことです。

ヘルニアとは、突出した状態のことを指します。ですから、椎間板ヘルニアは、椎間板が突出してしまった状態のことを言います。

椎間板ヘルニアの痺れ

椎間板ヘルニアには痺れがつきものです。ヘルニアの状態にある椎間板が、脊椎の神経を圧迫するために痺れが起こります。

痺れの範囲は神経が圧迫されている部分によって異なります。脊髄の神経には、背骨を横断する脊髄中枢神経という太い神経と、脊髄中枢神経から枝分かれして、身体の各末梢に走っている抹消神経があります。

斜め方向にヘルニアが起こり、左右の末梢神経のどちらかを圧迫した場合には、その末梢神経が支配している方向の部分が痺れます。

痺れの範囲は、ヘルニアが接触する程度が低いと臀部や太ももに痺れが出、脊髄中枢神経を圧迫するように真後ろにヘルニアが起こると、左右両方の末梢神経が支配する部分に、同時に痺れが起こります。

どんな痛み?

椎間板ヘルニアになると、ぎっくり腰のような激しい腰痛と、ヘルニアによる下半身の痺れが同時に起こります。

ヘルニア症状は身体の中で起こっていることですから自分で対処のしようがありませんが、腰痛に対してはある程度抑えることができます。

発症してから3日は動かないようにして絶対安静を心がけ、筋肉の炎症を抑えるために、その間は患部を冷やしましょう。炎症を起こしている間は患部を温めてはいけませんので、入浴は控えなければいけません。

3日が経過して痛みが和らいできたら、冷やすのをやめましょう。動けるようであれば患部をコルセットで固定して、整形外科の診察を受けましょう。

この様な症状が当てはまる患者様は是非、名古屋熱田区金山なみよせ鍼灸接骨院へお問い合わせ下さい!

交通事故での首、腰の痛みでお困りの方もお問い合わせ下さい。

image