なみよせブログ

名古屋で 交通事故、保険の相談 なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。
冷え性、むちうち が得意な名古屋熱田区 のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の緑区、天白区、守山区からもたくさんの患者様にお越し頂い てます。
こんにちは。岩瀬 康典です。

正月も終わり、漢方の二十四節気では1月5日頃を「小寒」(寒の入り)といい、この日から節分までを「寒の内」と呼びます。
冬は「寒邪」という邪気が心と体を冷やし、気血の巡りを悪くします。

そんな時は前回も紹介した黒い食材と温熱を補う食材を摂りましょう!
[黒い食材]
黒きくらげ、黒ごま、黒米、黒豆、海藻類、椎茸、黒糖
[温熱を補う食材]
香辛料、羊肉、鶏肉、生姜、紫蘇

これらの食材の摂取は漢方の考え方では、冷えによる痛み、こわばり、手足・腰の冷え、貧血、さらさらで薄く透明の鼻水や尿などに効果的とされています。

当院では足のむくみや疲れ、冷え性に効果的な「リンパ・足裏マッサージ」や「特別時間外診療(60分のマッサージ)」などのマッサージを実費診療(時間外要予約)で行っています。正月休みで遊び疲れた方も、仕事初めのスタートダッシュで疲れた方も、体の不調をスッキリさせて良い1年のスタートを切りましょう!

交通事故の治療なら、ぜひなみよせ鍼灸接骨院までお越し下さい!

img_0056