なみよせブログ

名古屋で寝違え、坐骨神経痛の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。寝違え、坐骨神経痛の治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の春日井市、刈谷市、岡崎市からもたくさんの患者さんにお越し頂いています。

こんにちは、金子 泰士です。
今日は東洋医学における「腎(じん)」について書きます。
腎は蔵精といって精をためておく機能があります。腎の中にある精を腎精といいます。腎精は成長や生殖に関わり、生命活動の源となります。
腎には全身の水分の代謝を調節する主水という機能もあります。摂取した水分は脾によって肺に運ばれ、全身に行き渡りますが、余分な水分は腎に集められ、膀胱から排泄されます。
また、肺から吸い込んだ気を腎におさめる納気という機能ももちます。
腎の状態は耳や髪、骨(歯)に表れやすく、腎の状態が悪くなると耳の聞こえが悪くなったり、髪のつやが無くなったり、歯が抜けたりします。

交通事故後の治療なら、なみよせ鍼灸接骨院へ。