なみよせブログ

名古屋でシンスプリント、肉離れの治療なら

地下鉄名城線、金山駅より徒歩5分。骨盤矯正、鍼灸治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の港区、中川区からもたくさんの患者さんにお越し頂いています。

こんにちは!林田恵美子です。

今日のツボは「外関」(がいかん)について

場所は、手の甲を上にして、手首の中央から肘に向かって指3本分上のところです。以前紹介した内関の真裏になります。

効能は、
〇腕や手の神経痛、関節痛
〇顔のむくみ、体のむくみ
〇動悸、息切れ
〇胸痛、肩こり etc…

外関は、自律神経を整えてくれるツボです。

外関を刺激すると、体をリラックスさせ、調整する力を大きくとり、少し機能が低下している場所に働きかけてくれるので万能のツボとも言われております。

眼精疲労や頭痛、車酔いや船酔い、めまい、腰痛や慢性化した発熱を和らげてくれるという効果があります。

また、なんとなくむくんで体が重ダルい時にも効果を発揮します。また、さらに、寝違いの特効ツボでもあります。

◎押し方◎
親指の腹でゆっくり押し込むように押しましょう。また、軽く自然に呼吸をして、息を吐く時に優しく1分間くらい擦るのも良いです。他にもセルフケアとして爪楊枝やボールペンの先、ゴルフボールなどで刺激を加えても効果的ですよ♪

当院の経絡治療、鍼灸治療は
〜幸せホルモン〜多幸感を与えてくれるオキシトシンの分泌を促し、精神安定物質であるセロトニンの分泌を促進させます。

筋膜リリース (グラストンテクニック)
GTJグラストンテクニックジャパン認定者3名在籍
国内でもグラストンテクニックを受けられる数少ない治療院です。

交通事故の治療ならなみよせ鍼灸接骨院へ

名古屋でシンスプリント、肉離れの治療なら

地下鉄名城線、金山駅より徒歩5分。骨盤矯正、鍼灸治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の港区、中川区からもたくさんの患者さんにお越し頂いています。

こんにちは!林田恵美子です。

今日のツボは「翳風」(えいふう)について

場所は、耳たぶの後ろのくぼみにあります。

効能は
〇耳鳴り、難聴
〇中耳炎、歯痛
〇めまい、しゃっくり
〇首こり、肩こり etc…

顔のまひ、けいれん、ほほのはれや歯痛に効果があります。また、これらが原因で起こる首や肩こり・痛みをやわらげます。

他にも、難聴や耳の痛み、めまい、乗り物酔いに効果があります。

また、三叉神経痛や顔面神経痛の特効ツボでもあるため、電気鍼(パルス鍼)治療でよく使われます。

人差し指をあてて、ゆっくりと5回程度押します。響きやすいツボなのであまり強く押さないよう丁寧に押しましょう。

顔のむくみをとってくれたり、顔の代謝をよくしてくれるツボでもありますので特に女性の方はオススメです♪

当院の経絡治療、鍼灸治療は
~幸せホルモン~多幸感を与えてくれるオキシトシンの分泌を促し、精神安定物質であるセロトニンの分泌を促進させます。

筋膜リリース (グラストンテクニック)
GTJグラストンテクニックジャパン認定者3名在籍
国内でもグラストンテクニックを受けられる数少ない治療院です。

交通事故の治療ならなみよせ鍼灸接骨院へ

えい

名古屋で頭痛専門治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。
肩こり「肩凝り」、腰痛、ぎっくり腰、筋膜リリース、むちうちの治療が得意な名古屋熱田区 のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の南区、港区、緑区からもたくさんの患者様にお越し頂い てます。

こんにちわ!日掛秀樹です今日は顎関節症について書きます。

顎関節症とは?

顎関節症の主な症状は5つあります。これらの症状がひとつ、もしくはいくつか重なって現れます。

①あごが痛む

顎関節および周辺の頬やこめかみの痛み。口の開け閉め、食べ物を噛むときなど、あごを動かした時に痛むのが特徴。あごの動きに関係なく痛む場合は他の病気の可能性が高い。

②口が大きく開けられない(開口障害)
正常な人は縦に指三本分入る(40~50㎜)が、指が2本程度(30mm)もしくはそれ以下しか入らない。
あごを動かすと痛むので無意識に動きを抑えてしまっている場合と、顎関節の異常で口が大きく開けられない場合とがある。いきなり口が開かなくなる場合も、徐々に開きづらくなっていく場合もある。

③あごを動かすと音がする(関節雑音)
あごを動かしたときに耳の前あたりで「カクカク」音がする。「ジャリジャリ」「ミシミシ」といった音の場合もある。
症状が音だけの場合は顎関節症予備軍と言えるが治療は必要ないと思われる。

④噛み合わせに違和感がある
あごの関節や筋肉に問題があると、あごの動きに変化が生じて噛み合わせが変わることがある。
急に噛み合せが変わったように感じるときは顎関節症の疑いがある。

⑤口を完全に閉じることができない
非常に稀だが、あごの関節内の構造の異常のため上下の歯列の間に隙間ができて、口が完全に閉じられなくなる場合がある。

■その他の症状

代表的な症状以外にも、顎周辺だけでなく全身の様々な部位に症状が現れることもあります。

頭痛、首や肩・背中の痛み、腰痛、肩こりなどの全身におよぶ痛み
顎関節部やその周辺の痛み
耳の痛み、耳鳴り、耳が詰まった感じ、難聴、めまい
眼の疲れ、充血、流涙
歯の痛み、舌の痛み、味覚の異常、口の乾燥感
嚥下困難、呼吸困難、四肢のしびれ

■症状が似ている病気

顎周辺に痛みがあっても必ずしも顎関節症とは限りません。よく似た症状は別の病気にもみられます。

<顔に痛みを感じる病気>
発作性神経痛(舌咽神経痛、三叉神経痛)、
歯や歯周組織・舌など口の中の病気、
耳・鼻・喉・唾液線の病気、
慢性頭痛(片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛)、
症候性頭痛(脳腫瘍、脳内出血など)、
シェーグレン症候群、慢性関節リウマチ、全身性紅斑性狼瘡、線維筋痛症、通風、甲状腺機能亢進症、
心因性疼痛、神経因性疼痛  など

<口が開けづらい病気>
親知らずの炎症、
顎関節の骨折・腫瘍・脱臼・感染症・炎症、
顎の筋肉の萎縮・外傷・炎症・拘縮、
顎に関係する神経の腫瘍・炎症・ウィルス感染症  など

当院の経絡治療、鍼灸治療は
~幸せホルモン~多幸感を与えてくれるオキシトシンの分泌を促し、精神安定物質であるセロトニンの分泌を促進させます。
もし、この様な症状が当てはまる患者様は是非、名古屋市熱田区金山なみよせ鍼灸接骨院へお問い合わせ下さい!

筋膜リリース (グラストンテクニック)
GTJグラストンテクニックジャパン認定者3名在籍
国内でもグラストンテクニックを受けられる数少ない治療院です。

交通事故での首、腰の痛みでお困りの方もお問い合わせ下さい。

名古屋で骨盤矯正、鍼灸治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。
肩こり「肩凝り」、腰痛、ぎっくり腰、筋膜リリース、むちうちの治療が得意な名古屋熱田区 のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の南区、港区、緑区からもたくさんの患者様にお越し頂い てます。

こんにちわ!日掛秀樹です今日は斜角筋症候群について書きます。

斜角筋症候群とは?

腕や手指に繋がる血管や神経が胸郭を出た所(鎖骨周辺)で、
圧迫されて起こる神経や血管の障害を総称して
『胸郭出口(きょうかくでぐち)症候群』といいます。
『斜角筋(しゃかくきん)症候群』は、胸郭出口症候群の一種で、
前斜角筋か中斜角筋、もしくはその両方が過緊張したことにより、
その間(斜角筋隙:しゃかくきんげき)を通る神経や血管が
圧迫されて起こります。
血管が圧迫されていれば、レントゲン検査で血液造影するとわかります。
〔斜角筋症候群の症状〕
症状が急激に現れることは少なく、はじめは肩こりや首の痛みくらいですが、
徐々に首を動かせる範囲が減少したり、指先や手のしびれ、だるさ、冷えが出てきたりします。
さらに悪化すると、指先や手の感覚異常、力が入りにくい!
(例:ボタンの着脱がしにくい、ペットボトルのキャップが開けられない)
などの症状も現れます。
とくに上を向いたり、後ろを振り向いたり、首を左右に倒すと悪化し、
お風呂などで温めると楽になります。
また、頭痛やめまいを伴う場合もあります。
〔斜角筋症候群の原因〕
交通事故や転倒、ラグビーやアメフトなどのスポーツ、格闘技、
カイロプラクティックや整体の矯正などにより、急激な強い力で
首を伸ばされたり、曲げられたり、捻られたりしても起こりますが、
それ以外の方で、実際に斜角筋症候群と診断された方を診てみると、
ほとんどの方にある共通点がみつかります。
それは、頸椎の“歪み”です。
この歪みを矯正すると、ほとんどの方の症状が改善することから、
頸椎の歪みが斜角筋症候群の根本的な原因であり、日常生活における
“間違った”姿勢や身体の使い方に合わせて頸椎が歪み、長い間斜角筋に
負担を掛け続けた結果、斜角筋が過緊張してしまったと考えられます。

当院の経絡治療、鍼灸治療は
~幸せホルモン~多幸感を与えてくれるオキシトシンの分泌を促し、精神安定物質であるセロトニンの分泌を促進させます。
もし、この様な症状が当てはまる患者様は是非、名古屋市熱田区金山なみよせ鍼灸接骨院へお問い合わせ下さい!

筋膜リリース (グラストンテクニック)
GTJグラストンテクニックジャパン認定者3名在籍
国内でもグラストンテクニックを受けられる数少ない治療院です。

交通事故での首、腰の痛みでお困りの方もお問い合わせ下さい。

名古屋で腱鞘炎、ばね指の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。坐骨神経痛、寝違いの治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。名古屋市熱田区以外の北区、中村区、西区からもたくさんの患者様にお越し頂いています。

こんにちは加藤佳樹です。今日は疲れ目について書きます。読書や細かい作業の際に起こりますね。症状は字などのピントが合いにくい、目の奥に痛みがでる、目がショボショボするなどで目の疲労がきっかけとなり体に影響がでる場合があり全身倦怠感、肩こりなどを引き起こします。
原因として眼球の中にある水晶体の厚さを変える毛様体筋の疲労により緊張し固くなる事でピント合わせが難しくなり結果ぼやけて見える症状がでます。コンタクトレンズ、メガネなどの度数が合わないと疲れ目の原因になり度数が強くても弱くても負担がかかり適正な数値にする必要があります。あとドライアイの人も疲れ目になりやすいです。
対策は照明を明るくする、長時間パソコンなどをしたら一時間おき位に15分の休憩をとりましょう。疲労を感じたら目の周りを暖めたり目を閉じたりして休息させます。
効くツボは瞳の中心のすぐ下の承泣、肩先と首の付け根の中心の肩井、目頭と鼻の付け根の骨との間の晴明のツボの指圧、鍼灸は効果的です。

当院の経絡治療、鍼灸治療は〜幸せホルモン〜多幸感を与えてくれるオキシトシンの分泌を促し、精神安定物質であるセロトニンの分泌を促進させます。

筋膜リリース(グラストンテクニック
GTJグラストンテクニックジャパン認定者3名在籍
国内でもグラストンテクニックを受けられる数少ない治療院です。
交通事故の治療ならなみよせ鍼灸接骨院へ。