なみよせブログ

名古屋で腱鞘炎、ばね指の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。坐骨神経痛、寝違いの治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。名古屋市熱田区以外の北区、中村区、西区からもたくさんの患者様にお越し頂いています。

こんにちは。加藤佳樹です。季節は春になり行楽シーズンですね。乗り物に乗ってのお出かけも多いのでは。今日は乗り物酔いについて書きます。
原因は乗り物による不安定な不規則な揺れが耳の内耳部分にある前庭や三半規管を刺激により平衡感覚や自律神経の乱れを誘発する事により起こります。症状は生あくび、頭痛、目眩、冷や汗がでるなどで酷くなると吐き気をもよおしたり最悪、嘔吐に至ります。
対策は電車の場合は進行方向に向かうように座る。出来るだけ座席に座る様にする。つり革に掴まるよりは固定されたポールに掴まる。一番前の車両ならば運転席越しに前方の景色を見るなどです。船の場合は出来るだけデッキに出て遠くを見る。客室に居るのは良くないです。全般的には乗る前に軽い食事をとる。前日の睡眠は充分にとる。同乗者と会話したりして気分をそらすなどです。
効くツボは内くるぶしから指4本分の三陰交、手の平側の手首の小指寄りにある神門、手首の内側のシワの中央から指3本分下がった内関のツボの鍼灸、指圧は効果は有りです。

交通事故の治療ならなみよせ鍼灸接骨院へ。

IMG_0117