なみよせブログ

名古屋で腱鞘炎、ばね指の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。坐骨神経痛、寝違いの治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。名古屋市熱田区以外の北区、中村区、西区からもたくさんの患者様にお越し頂いています。

こんにちは。加藤佳樹です。今日はあくびについて。最近暖かいので眠気であくびのでる回数も多いのでは。
あくびは眠たい時に反射的に起こる深い呼吸の事です。実は原因はよく分かってないのですが一つとして脳に行き渡る酸素の量が不足しているからといわれます。疲れた時など脳が酸素を必要とする時にあくびで酸素を脳に促進させる役割がある様です。起床時のあくびも寝てる時は呼吸が浅いですが目覚めた時は脳内の足りない酸素をあくびによって酸素を取り込もうとするのです。脳の温度調節でもあくびによって脳の温度は上がりやすい為に冷やす効果があるそうです。
緊張状態を回避する為にもあくびが出ます。緊張をほぐす為に脳からシグナルが送られ緊張で呼吸が浅くなっているところにあくびでしっかり呼吸を促して酸素を多く取り込んでいるのです。
対策として鼻から深呼吸して一旦息を止める行為を何回か繰り返すこと。脳の血行が良くなります。衣服などで体を締め付けているのであればボタンを外すなとしてリラックスさせましょう。歯を噛み合わせる、背伸びをして筋肉の緊張を取るのも効果的です。
効くツボは手の小指の爪の外側の小沢、頭のてっぺんの真ん中の 百谷、目頭と鼻の付け根の晴明などのツボの指圧、鍼灸は効きますよ。
交通事故の治療ならなみよせ鍼灸接骨院へ。

IMG_0135