なみよせブログ

名古屋で腱鞘炎、ばね指の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。坐骨神経痛、寝違いの治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。名古屋市熱田区以外の北区、中村区、西区からもたくさんの患者様にお越し頂いています。

こんにちは。加藤佳樹です。今日は肺炎について書きます。比較的に死亡率が高い疾患です。肺に炎症が起こる病気で感染元を吸い込んで起こるウィルス性、細菌性、真菌性などの感染性肺炎とアレルギー性、薬剤性などの非感染性肺炎に大別される様です。感染性肺炎がほとんどです。症状は咳、発熱、食欲不振、痰などが症状として出ます。胸の痛みも起こる場合がある様です。
原因は細菌、真菌、インフルエンザウィルス、ブドウ球菌、サイトメガロウィルス、アデノウィルスなどの菌、ウィルスなどの感染が引き金になります。予防は風邪をひかない様につとめひいてしまったら悪化しない様に気を付ける。規則正しい生活を心がけ体調管理をする事や口の中を常に清潔に保つ事も重要ですね。効くツボは人差し指の爪の付け根で親指側の角から少し離れた部位の商陽。左右の鎖骨の真ん中の天突。首の後ろの髪の生え際の太い筋肉の横にある天柱。手の親指の付け根でふくらみの真ん中の魚際の指圧は効きます。

交通事故の治療ならなみよせ鍼灸接骨院へ。

img_0010