なみよせブログ

名古屋で腱鞘炎、ばね指の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。坐骨神経痛、寝違いの治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。名古屋市熱田区以外の北区、中村区、西区からもたくさんの患者様にお越し頂いています。

こんにちは。加藤佳樹です。今日は痛風について書きます。風の風圧が当たっただけでも痛い、辛いという病気です。症状は足の親指が動かす事が出来ない位に腫れ上がり痛みが発生します。親指以外にも足首、膝付近にも痛みが起こる事があります。痛風の痛みは発症から3日位は続きます。10日位で痛みは無くなりますが無くなるまでは痛みが増大していきます。大昔は無かった病気で食事の欧米化が始まる昭和30年代位から急激に増えてきました。
痛風は尿酸の量によって起こります。正常は尿酸の量は一定ですが何かの原因で尿酸量が増大し一定で無くなると血液中に溶けない尿酸が関節内に結晶となって沈着します。高尿酸血症という症状で痛風発作を起こします。この尿酸を作っているのがプリン体でプリン体の多い魚の干物、内臓は極力摂取しない、ストレスを貯めない、アルコールの量を少なくする。アルコール自体が尿酸を生成するのです。
効くツボは手の親指と人差し指の間の付け根の合谷、足裏で足の指を曲げた時に窪む中央より、やや上の
湧泉、膝裏の真ん中の委中のツボの指圧、鍼灸は効果的です。

交通事故の治療ならなみよせ鍼灸接骨院へ。

名古屋市熱田区で肉離れ、捻挫の治療なら

地下鉄名城線、金山駅より徒歩5分。
円形脱毛症の治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。

名古屋の熱田区以外の中区、昭和区からもたくさんの患者様にお越し頂いています。

こんにちは。三尾真司です。

なみよせワンポイントツボ講座

今日のツボはこちらです。

「大都」(だいと)
効能
足指の関節の炎症や痛み
痛風
子どものひきつけ
発熱時の発汗異常
嘔吐
下痢
お腹の張り
胃腸の疲れ
といった消化器系(特に胃腸)の働きを正常にしてくれたり、ランナーなど走りすぎによる足先の痛みを軽減したりしてくれます

image

今日はビタミンの日。腰痛、骨盤矯正なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。
腰痛やぎっくり腰の骨盤矯正治療が得意な名古屋市熱田区 のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の南区、港区、緑区からもたくさんの患者様にお越し頂い てます。

こんにちわ。
日掛秀樹です!

今日は痛風について書きます。

 痛風は血液中の尿酸値が高い状態でだいたい尿酸値7.5〜8くらいで、足の親指のつけねや足首、膝などに起こる急性の関節炎です。とくに足の母趾ぼしの付け根の関節(母趾MP関節)が最も多くみられ、初めて発症される人の7割がこの場所です。
 日本での発病率は、90%以上が男性です。発症年齢は40代前後に多く、最近は若年化の傾向がみられます。

原因は
尿酸産生過剰あるいは排泄低下、あるいはそれらの混合のいずれかにより出現します。原因は不明ですが、ある程度の体質(遺伝)が関与しており、アルコール(とくにビール)や甘い飲み物なども増悪させます。典型的なタイプとしては、活動的な中年男性で、アルコールや肉食を多く摂取する習癖がある人に多いです。ただ、他の原因として、、白血病などの病気がひそんでいる場合や、ある種の利尿薬などで尿酸値が上がる場合があるので注意が必要とされています。

症状の現れ方は

 発作前に前兆(チクチクする、圧迫感、熱感など)を自覚し、6~12時間後に発作が始まることが多いようです。発作時は激烈な痛みで、はれ、発赤、熱感があります。発作は通常、24時間以内にピークを迎え、3~4日後には徐々に改善し、7~10日で自然におさまります。
 放置すると発作を繰り返し、だんだんと症状があっかしていきます。また、発作の間隔が次第に短くなり、慢性の関節炎へと移行し、関節の変形や機能障害が残る場合もあります。痛風結節けっせつが、肘、足の関節周囲や耳にできることがあり、時に破れて皮膚潰瘍かいようを生じます。また、尿酸塩が沈着して尿路結石にょうろけっせき、腎障害などがみられます。

早めの治療をお勧めします。治療ら食事療法や鍼治療がオススメなので治療は名古屋の金山なみよせ鍼灸接骨院へ

images-1