なみよせブログ

名古屋でめまい、耳鳴りの治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。めまい、耳鳴りの治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の稲沢市、刈谷市、東海市からもたくさんの患者さんにお越し頂いています。

こんにちは、金子 泰士です。
今日は「婦人科系症状と漢方薬」について書きます。
漢方薬治療は、体質を改善し、基礎体力や免疫力を高めることができます。前回書いた未病のような状態も漢方薬治療の適応症といえます。
また、女性特有の冷えや、月経不順、月経前症候群(PMS)、更年期障害などの症状に対しても高い効果があることがわかっています。
冷えや月経のトラブルは、気と血の変調によるものが多く、漢方薬で身体の調子を整えることで、血の量が増えたり、血の停滞が無くなり、症状の改善が期待できます。
気と血の流れを改善すれば、血の停滞が原因と考えられる肌のくすみやくま、肌荒れも解消されます。

参考文献『徹底図解 東洋医学のしくみ 新星出版社』

交通事故後の治療なら、なみよせ鍼灸接骨院へ。

IMG_0078

名古屋で 美容鍼、安産 なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。
冷え性、部分やせ が得意な名古屋熱田区 のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の緑区、天白区、守山区からもたくさんの患者様にお越し頂い てます。
こんにちは。岩瀬 康典です。

五月病対策第4弾。漢方、食養生についてです。
今日は今が旬なシソ(大葉)について紹介です!

シソの特徴
①食中毒の解毒に用いられるほどの防腐、制菌作用がある。
②精神を落ち着かせる働きがある。→五月病にも効果あり!
③「紫蘇」=漢方では「紫蘇葉」(しそよう)、「蘇葉」(そよう)の名で気の流れを整えるために用いられている。→自律神経失調症で処方される半夏邦朴湯(はんげほうぼくとう)やうつや胃弱で処方される香蘇散(こうそさん)に配合されている。
③日々の食事の中でも、味噌汁に入れたり、薬味として少量ずつ食べると、風邪の予防やアレルギー疾患の消炎作用が期待できる。
④病気や虫に強くベランダなどの家庭菜園で初心者にも簡単に育てられる。

家庭でも育てられる常食したいシソ。春に植えるシソですが、5月末ならギリギリまだ間に合いますので、皆さんも一度育ててみてはいかがですか?

image

今日は 将棋の日 。 熱田区で腱鞘炎、ばね指なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。超音波治療、鍼灸治療 が得意な名古屋市熱田区 のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の南区、北区、東区からもたくさんの患者様にお越し頂い てます。

こんにちは。岩瀬 康典です。
今日は漢方の分野から「養生」という言葉を紹介します。
「養生」とは、病気にならないための
①食事 ②運動 ③休息 ④睡眠 の方法です。
日本では50~60歳の寿命がほとんどだった江戸時代に、84歳まで生きた貝原益軒(かいばら えっけん)という福岡藩の儒学者が養生訓という健康指南書を書き現代に伝えています。

最近では朝晩が涼しく、昼間暖かい日がよくあります。
秋は気温差や、東洋医学的には乾燥(燥邪)による皮膚の不調、
自律神経失調症などにも注意が必要です。

そこで秋におすすめの食事の養生としては、
「辛味を控え、酸味、甘味、白い食材を摂る」と良いとされています。
大根やさつまいもやじゃがいも、柿、ぶどう、りんご、梨、豆腐、くるみ、酢などが条件にあたる食材となります。まだまだたくさんありますが、紹介しきれないので、ぜひなみよせ鍼灸接骨院に来院していただいて、気軽にお聞きください。

image