なみよせブログ

名古屋で 耳鳴り、美容鍼 なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。
めまい、鍼灸治療が得意な名古屋熱田区 のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の緑区、天白区、守山区からもたくさんの患者様にお越し頂いています。
こんにちは。岩瀬 康典です。

今日は漢方による、「むくみ」や「めまい」の考え方です。
特にあげられる病証は【水毒】です。

【水毒】による症状としては

冷え症, 風邪, 疲れ, 下痢, 頭痛, めまい, むくみ, 月経異常, 食欲不振, 手足口病, 痩せすぎ, 嘔吐・悪心, 腹痛, 寝汗・多汗, 貧血, 熱・悪寒, 黄疸, 肥満, 動悸, 耳鳴り, かゆみ, 腫れ
などがあります。

□ ポイント □
◎おすすめ生活習慣
水毒証は血(けつ)以外の体液である水の量の過剰や偏在が起こっている状態です。
水の偏在を修正する生活習慣を心がけましょう。

水は気によって押し動かされています。
そのため気の巡りを良くする事は水の巡りを良くし、水の偏在を修正する事へ繋がります。
そこで、重要なツボがあるへそ下・手首足首を温めて経絡(気の流れる通路)の流れを良くする、適度な運動をするといった生活習慣がおすすめです。
また天人合一(てんじんごういつ)の思想を持つ漢方では人体は自然の一部として捉えており、自然界で起こる事象は人体内でも起こると考えています。
自然界において水は「下に溜まる」「冷たい」という性質を持っていますので身体の中においても水は下半身に溜まりやすく、冷えを併発する原因のひとつになると考えられています。
そこで下半身の気の巡りが良くなるように特に気をつけて足の運動や入浴、マッサージなどを行うと良いでしょう。

×避けた方がよい生活習慣
気の巡りが滞ると二次的に水の巡りも滞り、水毒を悪化させてしまいます。
気の巡りを悪くする寒い環境や運動不足を避けるようにしましょう。

暑いこの時期、冷たい飲食物は気をつくる場所である脾胃(ひい)を冷やします。
すると気の産生量が低下し、水毒証を悪化させてしまいますので気をつけるようにしましょう。

気をつけてはいても適度な水分補給は大切。でも足のむくみはスッキリさせたい!
当院では特に足を出す機会の多い夏場に、足のむくみや疲れに効果的な「リンパマッサージ」や「足裏マッサージ」などのマッサージを実費診療(時間外要予約)で行っています。脚のむくみも疲れもスッキリさせて夏を楽しみましょう!

興味がある方はぜひなみよせ鍼灸接骨院までお越し下さい!

[引用]
漢方デスクhttps://kampodesk.com/reading_matters/63327

image