なみよせブログ

名古屋で神経痛、オスグットの治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。
肩こり「肩凝り」、腰痛、ぎっくり腰、むちうちの治療が得意な名古屋熱田区 のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の南区、港区、緑区からもたくさんの患者様にお越し頂い てます。

こんにちわ。
日掛秀樹です!

今日は正中神経麻痺についてかきます。

正中神経麻痺(手根管症候群)とはどんな病気か

 正中神経のはたらきは、前腕を内側にひねるように回す運動(回内(かいない))、手首、手指の屈曲、親指を手の平と垂直に立てる運動(外転)、親指と小指をつける運動(母指対立)などです。知覚神経は親指、人差し指、中指の全部と薬指の親指側半分の手のひら側と、親指側半分の手のひらです。 
 正中神経は手首部にある手根管という狭いトンネルを通り抜ける構造になっており、周囲三方向を骨の壁、残りの一方は強靭な靭帯(じんたい)によって囲まれています。そのため、この部分で正中神経が圧迫されやすい構造になっており、手の使いすぎによる腱鞘炎(けんしょうえん)、妊娠時の水分貯留、糖尿病、甲状腺機能低下症(こうじょうせんきのうていかしょう)やアミロイドーシスなどにより容易に正中神経が損われて正中神経麻痺を起こします。これを手根管症候群といいます。 
 手のしびれで睡眠中に目が覚めることは、この症候群に特徴的です。

原因
正中神経麻痺は、正中神経のどこかの部分が圧迫されることによって引き起こされます。多くは交通事故によるけがや骨折が原因となりますが、腫瘍や神経の炎症、糖尿病や甲状腺機能低下症などを原因として引き起こされることもあります。
  
どこの部分でも圧迫は起きる可能性がありますが、特に神経が損なわれやすいのは、手首にある手根管という部分を通る正中神経です。ここは骨と靱帯に囲まれた狭いトンネル状になっているため、少しの圧迫でも神経に影響が出がちです。そのため、特にこの手根管の部分での正中神経麻痺を手根管症候群と呼びます。

治療法
正中神経麻痺の治療は、基本的にはサポーターを装着して安静にすることです。指先を使う仕事(タイピング、針仕事、楽器演奏など)の場合には、仕事も制限しなければなりません。鍼治療や電気治療が有効です。  
   
なかなか改善が見られない場合には、副腎皮質ステロイド薬の注射が有効なこともあります。ただし、正中神経麻痺の原因が骨折や脱臼である場合には、速やかに手術を受けるようにしなければ神経回復の望みがなくなるおそれもあります。
、名古屋熱田区のなみよせ鍼灸接骨院へお問い合わせください。

image