なみよせブログ

名古屋でめまい、冷え性の治療なら

地下鉄名城線、金山駅より徒歩5分。不妊、逆子の治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の中区、昭和区、北区からもたくさんの患者さんにお越し頂いています。

こんにちは!林田恵美子です。

今日のツボは「復溜」(ふくりゅう)について

場所は、内くるぶしの最も高いところ(内果)から、親指の幅2本分上がったところです。

効能は、
〇足のむくみ、高血圧
〇ふくらはぎの痛み、アキレス腱の痛み
〇下肢の血行不良、多汗症
〇アンチエイジング(老化防止) etc…

◎名前の由来◎
復は、帰る、戻すという意味で、溜は、流れるという意味を表しています。まとめて、復溜という名は、内果の後下方を回ってきた気や血の流れが、再び帰る場所を表しています。

復溜は、特に冷えに効果的なツボです。

女性の場合、冷えて下腹部が張るといったような症状があるときに用いると効果があります。

月経痛がひどい場合や冷え症の治療によく使われます。
また、このような婦人病に効くことから、不妊症の治療にも用いられます。

耳の痛みや、歯の痛みなどをやわらげる効果もあります。手足のむくみをとるなどにも有効です。

足にあるツボなので自分でも気軽に押せますよ!足の冷えや、むくみが気になる方は是非使ってみてください!

当院の経絡治療、鍼灸治療は
~幸せホルモン~
多幸感を与えてくれるオキシトシンの分泌を促し、精神安定物質であるセロトニンの分泌を促進させます。

筋膜リリース (グラストンテクニック)
GTJグラストンテクニックジャパン認定者3名在籍
国内でもグラストンテクニックを受けられる数少ない治療院です。

交通事故の治療ならなみよせ鍼灸接骨院へ!

名古屋で腱鞘炎、ばね指の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。坐骨神経痛、寝違いの治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。名古屋市熱田区以外の北区、中村区、西区からもたくさんの患者様にお越し頂いています。

こんにちは加藤佳樹です。今日は湿疹について書きます。湿疹とは数日から1週間以上かゆみを伴う赤い小さな紅斑が体の一部に現れます。体外のかぶれやすい物質、刺激物に触れておこる反応の事です。
湿疹になりやすい人は多汗症、アトピー、アレルギー体質のは比較的なりやすい様です。
原因として刺激物となるネックレス、腕時計、イヤリング、ピアスなどを身に付けた場合、金属の成分のコバルト、ニッケルなどが反応します。また下着や衣服などに用いられるゴム類や銀杏や漆などの植物、洗剤なども原因となる場合があります。
対策はかゆみのブツブツ部分を流水で洗う、かゆみの患部を冷やす。温めるとかゆみが増すのでアルコールや運動は控えます。食品添加物が含まれる食物を控える、規則正しく生活リズムを整える事も必要です
効くツボは肘を曲げて出来るシワの外側の曲池、手の甲の親指と人差し指の付け根の中間の合谷、臍の両脇で臍より指一本分外側のこうゆの鍼灸、指圧は 効果的です。

当院の経絡治療、鍼灸治療は〜幸せホルモン〜多幸感を与えてくれるオキシトシンの分泌を促し、精神安定物質であるセロトニンの分泌を促進させます。

筋膜リリース(グラストンテクニック
GTJグラストンテクニックジャパン認定者3名在籍
国内でもグラストンテクニックを受けられる数少ない治療院です。
交通事故の治療ならなみよせ鍼灸接骨院へ。

名古屋で腱鞘炎、ばね指の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。坐骨神経痛、寝違いの治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。名古屋市熱田区以外の北区、中村区、西区からもたくさんの患者様にお越し頂いています。

こんにちは。加藤佳樹です。今日は多汗症について書きます。暑い訳でなく特に激しいスポーツをしている訳ではないのに大量の汗をかいてしまう症状の事で全身性多汗症と局所性多汗症があります。前者はホルモンバランス異常、更年期障害、結核などの場合に見られ大量の汗を全身にかきます。後者の方が一般的で足裏や手のひら、脇の下など一部分局所的に大量の汗をかきます。精神的ストレスや自律神経失調症などに見受けられます。
対策としては、なかなか難しいですがミョウバン水を作って患部に塗る。保冷剤で局所的に冷やしてやり血管を冷やして汗を抑える。市販されている塩化アルミニウム液系の制汗剤を患部に添付する。食事面ではバターやチーズ、チョコレート、カフェインなどは出来るだけ避け野菜中心の食生活が良いとされます。豆腐、大豆、納豆、野菜全般などがいいですね。後は睡眠時間を充分にとりストレスを貯めない事ですね。
効くツボは人差し指と親指の間のやや人差し指よりの窪みの合谷、手のひらを上側にして小指カフェインの手首の付け根から肘に向かって1.5センチの所にある陰げき、手のひらの中心の労宮のツボの鍼灸、指圧は効きますよ。

交通事故の治療ならなみよせ鍼灸接骨院へ。

IMG_0141

名古屋で腱鞘炎、ばね指の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。坐骨神経痛、寝違いの治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。名古屋市熱田区以外の北区、中村区、西区からもたくさんの患者様にお越し頂いています。

こんにちは。加藤佳樹です。
今日は多汗症について。暑い日が続きますね。高温多湿の環境では汗かいちゃいますね。僕自身汗かきなので夏はツラいです。
多汗症の人は運動もしないし暑くもないのに汗がどんどん出てくる人をいいます。原因は精神的ストレスで不安や緊張があると汗腺が活発に作用します。この時は交感神経が優位になってバランスを崩してる状態です。手のひらや腋の下、足の裏の発汗が多いようです。多汗症は2つの種類があって原因を作っている病気がある続発性多汗症。原因を作っている病気がない原発性多汗症があります。
マッサージ鍼灸の適応症です。効くツボは人差しと親指の間の合谷。手を握った時に小指側に出っ張る部分の後けい。手のひらの中心の労宮。手首の内側、小指の下の手首部分の神門。頭のてっぺんの百会のツボの指圧がいいです。
交通事故の治療ならなみよせ鍼灸接骨院へ。

image