なみよせブログ

名古屋でむち打ち、頭痛の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。
肩こり「肩凝り」、腰痛、ぎっくり腰、筋膜リリース、むちうちの治療が得意な名古屋熱田区 のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の南区、港区、緑区からもたくさんの患者様にお越し頂い てます。

こんにちわ!日掛秀樹です今日は外反母趾について書きます。

症状

特徴的な症状は足の母指(親指・母趾)の先が人差し指(第2趾)のほうに「くの字」に曲がり、つけ根の関節の内側の突き出したところが痛みます。その突出部が靴に当たって炎症を起こして、ひどくなると靴を履いていなくても痛むようになります。
靴の歴史の長い欧米人に多い病気でしたが、最近は日本でも急速に増えています。

外反母趾の原因は、なに?

靴、足、歩行など、外反母趾の原因については、さまざまな議論がされています。 しかし、足の形や体重、生活習慣や歩き方、性別や年齢などは一人ひとり異なりますので、原因を絞ることは困難です。 また、ハイヒールが原因の場合もあれば、ハイヒールを履いたことがない人でも外反母趾になることがあります。このように、「これを守っていれば外反母趾にならない」と断言できることはないのです。

外反母趾の保存的療法

外反母趾の治療は、早い段階でしたら基本的には保存療法を選択します。というのも、どの手術であっても元通りに外回りや立ち仕事ができるようになるまでには3か月程度の期間を要するからです。
しかし、先述の通り保存療法はあくまで「進行を抑える対症療法」であり、変形を治すことはできません。たとえば、足裏に第1中足骨のずれによってタコができていれば、凹凸に合わせた中敷き(インソール)を作り、負荷を他の部分に逃して痛みを和らげます。

また、早期回復、スポーツの早期復帰を希望の方でもし、この様な症状が当てはまる患者様は是非、名古屋市熱田区金山なみよせ鍼灸接骨院へお問い合わせ下さい!

筋膜リリース (グラストンテクニック)
GTJグラストンテクニックジャパン認定者3名在籍
国内でもグラストンテクニックを受けられる数少ない治療院です。

交通事故での首、腰の痛みでお困りの方もお問い合わせ下さい。

名古屋でめまい、冷え性の治療なら

地下鉄名城線、金山駅より徒歩5分、妊活、逆子の治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の中区、昭和区、北区からもたくさんの患者さんにお越し頂いています。

こんにちは!林田恵美子です。

今日のツボは「行間」(こうかん)について

場所は、足の第一指と第二指の間の付け根のところです。

効能は、
〇頭痛、めまい
〇イライラ、ストレス
〇外反母趾、足の指の痛み
〇更年期障害 etc…

◎名前の由来◎
行は通過の意味です。間は二つのものに挟まれた間のことです。このツボは、足の第1指と第2指の間のへこんだところにあるので、この名が付きました。

行間は、不眠解消に効くツボとしても有名です。

そして、イライラやストレスが溜まっているときは、自律神経が乱れている状態になります。その場合に、優位になりすぎている交感神経を抑え、自律神経のバランスを整えるのにも役立ちます。

☆行間は、赤ら顔の解消に効く☆
前回と前々回にご紹介したツボ(陽白と人迎)と合わせて使うことにより、赤ら顔を解消し、美白効果をもたらしてくれます。セルフケアでも使いやすく気持ちのいい程度にツボを刺激してみてください😊

当院の経絡治療、鍼灸治療は
~幸せホルモン~
多幸感を与えてくれるオキシトシンの分泌を促し、精神安定物質であるセロトニンの分泌を促進させます。

筋膜リリース (グラストンテクニック)
GTJグラストンテクニックジャパン認定者3名在籍
国内でもグラストンテクニックを受けられる数少ない治療院です。

交通事故の治療ならなみよせ鍼灸接骨院へ!

名古屋市熱田区で腱鞘炎、ばね指の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。
肩こり「肩凝り」、腰痛、ぎっくり腰、むちうちの治療が得意な名古屋市熱田区 のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の南区、港区、緑区からもたくさんの患者様にお越し頂い てます。

こんにちわ。
日掛秀樹です!

今日は外反母趾についてかきます。

外反母趾のなる原因。

歩き方
最近はヒールやパンプスなどの足を圧迫する靴を履いている大人だけでなく、小中学生の子供にも外反母趾が激増しています。この最大の原因は、足の筋肉の未発達です。靴で足を覆い、足指を使って踏ん張らず、指のつけ根で歩いてしまうので足底筋群が発達せず、親指が曲がってしまうのです。海外で裸足で生活する人たちは足の指1本ずつが独立して力強く体を支えており、外反母趾がほとんど見当たらないそうです。

ゆるい靴やヒール、パンプスなど、「脱げやすい靴」は外反母趾の原因になります。脱げやすい靴を履いているときは、脱げないように無意識のうちに足指を上げたり、指を縮めて歩いてしまいがちだからです。指の浮いた状態だと当然指の力が地面に伝わらず、その分親指のつけ根への衝撃が大きくなり、親指のつけ根の骨が出っ張る外反母趾になってしまうのです。
また、先の細いヒールやパンプスなどの靴はさらに足を痛めつけます。先の細い靴は左右から親指と小指を圧迫し、足指の踏ん張る力を制限してしまうので、ますます筋肉が弱まり、外反母趾が悪化します。
運動不足
先ほども説明したように、外反母趾を起こさないためにはある程度の筋力が必要です。ところが現代の日本人は運動不足の方が非常に増えています。健康の指針の一つである「健康日本21」によると、成人男性9,200歩・女性8,300歩を1日の歩数目安にしていますが、2011年の歩数調査では1日の平均歩数が男性7,233歩・女性6,437歩しかありませんでした。これでは、足の骨格を保つための筋肉も落ちてしまい、外反母趾も悪化しやすくなってしまいます。

治療はひどい人だと手術の場合もあるがひどくならないためにもなみよせ鍼灸接骨院へ相談して改善方法を見つけていきましょう。

image