なみよせブログ

名古屋で腱鞘炎、ばね指の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。坐骨神経痛、寝違いの治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。名古屋市熱田区以外の北区、中村区、西区からもたくさんの患者様にお越し頂いています。

こんにちは。加藤佳樹です。
今日は圧迫骨折について。高齢者の方に多い骨折です。骨粗鬆症などによって骨が弱くなると頻繁する骨折の種類です。閉経後の女性に比較的多く閉経後は骨粗鬆症になりやすい為中高年の女性に多く見られます。
症状は疼痛と腫張です。
主に脊椎に多く見られる骨折です。背骨を構成する椎骨が上下に押し潰さる様に変形してしまう骨折です。
中腰で重い物を持ったり、くしゃみ、尻餅などでも骨粗鬆症だと圧迫骨折のきっかけになります。
治療は基本的に保存療法です。30日位のコルセットの固定が有効です。2週間から1月位で骨が形成されてきますから痛みがかなり緩和します。
マッサージ、はり灸治療の適応症です。膝裏の真ん中の委中。ウエストのラインで背骨から左右外側の大腸兪、大腸兪の指の幅三本分の腎兪、膝の内側の窪みの
曲泉、痛みの周辺で筋肉が固くなっている所の鍼治療が効果的ですね。

image