なみよせブログ

名古屋で膝痛、坐骨神経痛の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。膝痛、坐骨神経痛の治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の港区、南区、東海市からもたくさんの患者さんにお越し頂いています。

こんにちは、金子 泰士です。
今日は前回に続いて東洋医学における「四診」について書きます。四診のひとつである問診もまた重要な情報源です。問診は、患者に対して現在の病気の症状や状態を尋ねるのはもちろん、その病気の変遷あるいは痛みの性状、年齢と性別、バイタルデータ、既往症や生活習慣など問診内容は多岐にわたります。そのため、最近では多くの治療院で質問項目をまとめた問診表が活用されています。

image

名古屋でぎっくり腰、寝違えの治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。ぎっくり腰、寝違えの治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の南区、港区、中川区からもたくさんの患者さんにお越し頂いています。

こんにちは、金子 泰士です。
今日は「四診」について書きます。東洋医学では、弁証論治で証を決める上で行う診断を四診と言います。四診の名のとおり、目で診る望診、声や臭いなどを診る聞診、患者さんの話を訊く問診、患者さんに触れて診る切診の4つに分けられます。四診で情報を集め、総合的に判断して証を決定します。そこから治療が始まるのです。

image