なみよせブログ

名古屋で五十肩、膝痛の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。五十肩、膝痛の治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の東区、千種区、瑞穂区からもたくさんの患者さんにお越し頂いています。

こんにちは、金子 泰士です。
今日は前回に続いて「吸い玉(すいだま)療法」について書きます。

吸い玉療法では、血行が改善されるほか、リンパ液の流れを良くしたり、経絡を刺激する作用があるとされています。そのため、肩こり、腰痛、坐骨神経痛、月経不順、便秘、冷え性、不眠症、慢性的な疲労感などにも効果があるといわれています。最近では、デトックス的な観点から美容面でも注目されつつあります。
また、吸い玉のあとが黒っぽくなる人ほど血が滞っていると考えられ、吸い玉のあとがすぐに戻りにくい人は臓腑の機能が変調している可能性があります。これらの症状も、吸い玉療法を続けることによって血行を改善し、臓腑の機能を回復させることで、吸引後のあとの色が薄くなり、すぐに元に戻るようになります。

参考文献『徹底図解 東洋医学のしくみ 新星出版社』

交通事故後の治療なら、なみよせ鍼灸接骨院へ。

img_0024