なみよせブログ

名古屋で腱鞘炎、ばね指の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。坐骨神経痛、寝違いの治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。名古屋市熱田区以外の北区、中村区、西区からもたくさんの患者様にお越し頂いています。

こんにちは加藤 佳樹です。今日はくしゃみについて書きます。くしゃみは大きく分けて花粉症などのくしゃみと風邪のくしゃみに大別できると思います。花粉関係のくしゃみは花粉などの異物が鼻の粘膜に付いた時に本能的な防御反応で異物を追い出そうとする為です。風邪などはウイルスの侵入を防ぐ防御反応です。それ以外ではホコリ、香辛料などの刺激物、冷気などでもおこり防御反応の反射です。
対策としてはアレルゲンの除去でペットはなるだけ飼わない、部屋の掃除の徹底、布団の日干しなど。冷気が原因の時はマスクをする、 冷え性の改善、服装での温度調節です。
効くツボは左右の鎖骨を結んだ中央の窪みの天突、鎖骨の下縁を肩に向かって指を進めていくと当たる窪みの雲門、手の親指と人差し指の間の合谷の鍼灸、指圧は効果的です。

当院の経絡治療、鍼灸治療は〜幸せホルモン〜多幸感を与えてくれるオキシトシンの分泌を促し、精神安定物質であるセロトニンの分泌を促進させます。

筋膜リリース(グラストンテクニック
GTJグラストンテクニックジャパン認定者3名在籍
国内でもグラストンテクニックを受けられる数少ない治療院です。
交通事故の治療ならなみよせ鍼灸接骨院へ。

名古屋で腱鞘炎、ばね指の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。坐骨神経痛、寝違いの治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。名古屋市熱田区以外の北区、中村区、西区からもたくさんの患者様にお越し頂いています。

こんにちは加藤佳樹です。今日は良い睡眠について書きます。寝ても疲れが残ってる場合とかありますが質の良い睡眠とは脳の活動が休みにある睡眠で医学的にはノンレム睡眠と言います。自律神経の状態はゆったりした感じになり副交感神経が勝った状態で体は休んではいるが少しは筋肉が活動している状態です。ノンレム睡眠も段階があり深度3〜4に達するノンレム睡眠の中でも質の高い睡眠といえます。この位深い睡眠だと少しのもの音でも起きません。
良い睡眠をとる環境は寝る前のストレッチで脳に休ませる時間を認識させ寝る準備を促進させる事、寝る前1時間前には入浴をすませる。食事は2〜3時間前には終わらせて消化器官の活動を終わらせます。
効くツボは親指の骨と人差し指の骨が交差する手前の合谷、かかとの膨らみの真ん中の失眠、頭部のてっぺん中央の百会のツボの鍼灸、指圧は効果的です。

当院の経絡治療、鍼灸治療は〜幸せホルモン〜多幸感を与えてくれるオキシトシンの分泌を促し、精神安定物質であるセロトニンの分泌を促進させます。

筋膜リリース(グラストンテクニック
GTJグラストンテクニックジャパン認定者3名在籍
国内でもグラストンテクニックを受けられる数少ない治療院です。
交通事故の治療ならなみよせ鍼灸接骨院へ。

名古屋で腱鞘炎、ばね指の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。坐骨神経痛、寝違いの治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。名古屋市熱田区以外の北区、中村区、西区からもたくさんの患者様にお越し頂いています。

こんにちは加藤佳樹です。今日は胃痙攣について書きます。胃痙攣とは胃壁にある筋肉の層が異常緊張して主に、みぞおちあたりを中心とした痛みの発作の事です。症状は激しい腹痛、吐き気、下痢を伴う場合もあります。
原因として精神的ストレス、冷え、極度の便秘や他の病気がきっかけになる場合があり慢性、急性胃炎や胃十二指腸潰瘍、胆石症などが胃痙攣を引き起こします。対処法として安静にしてお腹に湯タンポを置いたりしてリラックスさせズボンを緩めるなど胃の圧迫を避けます。何かを少し食べて胃を空腹にさせないのもいいです。ヨーグルト、お粥、うどん、カステラなどがおすすめです。
効くツボは手の甲を上にして親指と人差し指の間の窪みの合谷、みぞおちとお臍の中間にある中かん、膝の皿の下で靭帯の外側の窪みから指幅四本分の足三里のツボの鍼灸、指圧は効果的です。

当院の経絡治療、鍼灸治療は〜幸せホルモン〜多幸感を与えてくれるオキシトシンの分泌を促し、精神安定物質であるセロトニンの分泌を促進させます。

筋膜リリース(グラストンテクニック
GTJグラストンテクニックジャパン認定者3名在籍
国内でもグラストンテクニックを受けられる数少ない治療院です。
交通事故の治療ならなみよせ鍼灸接骨院へ。

名古屋で腱鞘炎、ばね指の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。坐骨神経痛、寝違いの治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。名古屋市熱田区以外の北区、中村区、西区からもたくさんの患者様にお越し頂いています。

こんにちは加藤佳樹です。今日は鼻血について書きます。
日常よくある出血ですね。鼻腔部分の出血をいいます。鼻の少し中には多数の毛細血管があるキーゼルバッハ部位と呼ばれるところがあり、この部分の出血が多いです。少し触れたり刺激があるだけで血が出る人がいますし触れなくてもお風呂などで体温上昇しても出血する場合もあります。
原因はいろいろあり血圧が高まったり温度差、鼻粘膜の傷付け、ストレスなどが原因になったりします。
対策は鼻腔は出来るだけ触れない、鼻をかむ時はやさしくかむ、辛い食べ物、カフェインなど刺激物は多く摂取しない事です。早急な止め方は座りながら鼻を摘まむ事です。先ほどのキーゼルバッハ部位を強制圧迫して血を止めます。
効くツボは手の親指と人差し指の間の付け根の合谷、首の後ろの筋肉の外側で髪の生え際の天柱、首を前に倒した際に後ろ側にできる出っ張る骨の下の窪みにある大椎の指圧はいいですよ。

当院の経絡治療、鍼灸治療は〜幸せホルモン〜多幸感を与えてくれるオキシトシンの分泌を促し、精神安定物質であるセロトニンの分泌を促進させます。
交通事故の治療ならなみよせ鍼灸接骨院へ。

名古屋で腱鞘炎、ばね指の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。坐骨神経痛、寝違いの治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。名古屋市熱田区以外の北区、中村区、西区からもたくさんの患者様にお越し頂いています。

こんにちは。加藤佳樹です。
今日は過呼吸症候群について書きます。普段、普通にしている時に急激に不安になり酸欠状態の様に息苦しさがが起こり場合により体の痙攣して動きにくくなる場合があります。
原因としてはストレスで不安、号泣などの情動性ストレスが原因による自律神経の大きな乱れが大きな要因で自律神経の乱れが特徴になります。自律神経が乱れると呼吸数が多くなり体内の二酸化炭素が低下し血液がアルカリ性に傾いた状態になる不安、痺れなどの症状が出て来ます。
対策はストレスを取り除く。全身マッサージで体質改善しましょう。呼吸の仕方を工夫しましょう。普段より息を吸う時間を2倍の時間をかけ徐々に息を吐く呼吸もいいですね。
効くツボは手首を曲げた時にできる横シワの小指側の窪みの神門、親指と人差し指の分かれ目で人差し指よりの合谷のツボの指圧、鍼灸は効きます。

当院の経絡治療、鍼灸治療は〜幸せホルモン〜多幸感を与えてくれるオキシトシンの分泌を促し、精神安定物質であるセロトニンの分泌を促進させます。
交通事故の治療ならなみよせ鍼灸接骨院へ。