なみよせブログ

名古屋で寝違え、坐骨神経痛の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。寝違え、坐骨神経痛の治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の南区、港区、中川区からもたくさんの患者さんにお越し頂いています。

こんにちは、金子 泰士です。
今日は前回に続いて「経絡(けいらく)」について書きます。
経絡には「経脈」と「絡脈」があります。
経脈は太い枝で身体の縦方向に走行し、絡脈は経脈から分かれた細い枝で、身体の横方向に走行し、網の目状にはりめぐらされています。
主な経脈として、六臓六腑とつながる左右12対の正経十二経脈と、経脈をまとめたり気血のバランスをとる8本の奇経八脈があります。
正経十二経脈は、それぞれ特定の臓腑に属していて、肝経、心経、脾経、肺経、腎経、心包経、胆経、小腸経、胃経、大腸経、膀胱経、三焦経からなり、各々が次の経脈と連絡することで全体がつながって身体を循環しています。

image

名古屋で首痛、膝痛の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。首痛、膝痛の治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の南区、港区、中川区からもたくさんの患者さんにお越し頂いています。

こんにちは、金子 泰士です。
今日は東洋医学における四診の1つ、「切診(せっしん)」について書きます。切診とは、実際に患者に触れて脈を診たり、お腹などの状態を触って調べる診察法です。
東洋医学の脈診は、両手首の脈を診ます。単に、脈拍数を数えるだけでなく、脈を感じる深さやリズム、強さなどを診ることで臓腑の状態、体内の正気と邪気のバランス、陰と陽のバランスなどがわかります。健康なときの脈を平脈といい、体調が悪かったり、病気のときにみられる脈を病脈といいます。
病脈は28種類あるとされ、浮脈、沈脈、遅脈、数脈(さくみゃく)、虚脈、実脈、滑脈、しょく脈などそれぞれ名前がついていて、どれに当てはまるかで体の状態を判断します。

image

名古屋で五十肩、坐骨神経痛の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。五十肩、坐骨神経痛の治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の南区、中川区、名東区からもたくさんの患者さんにお越し頂いています。

こんにちは、金子 泰士です。
今日は前回に続いて「五行説(ごぎょうせつ)」について書きます。
五行説には5つの要素それぞれが「生む、生まれる」の関係(相生関係あるいは母子関係)にあるとする五行相生説という考え方があります。
木は火を生み、火は土を生み、土は金を生み、金は水を生み、水は木を生み…と循環して次の相手を強めるように作用します。

image