なみよせブログ

名古屋でむち打ち、椎間板ヘルニアの治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。
肩こり「肩凝り」、腰痛、ぎっくり腰、むちうちの治療が得意な名古屋熱田区 のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の南区、港区、緑区からもたくさんの患者様にお越し頂い てます。

こんにちわ。

日掛秀樹です!
今日は胃潰瘍、十二指腸潰瘍について書きます!

胃潰瘍・十二指腸潰瘍の原因

ピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリキン)
以前は、強い酸性の胃の中には、細菌は生息できないと考えられていました。しかし、ヘリコバクター・ピロリ菌という胃粘膜に生息する細菌が存在すること、さらに十二指腸潰瘍患者の90%以上、胃潰瘍患者の70~80%がこのピロリ菌に感染していることからピロリ菌が胃潰瘍・十二指腸潰瘍を起こしていることが分かり、現在ではピロリ菌感染することが胃潰瘍・十二指腸潰瘍の最大の原因であると考えられています。
ピロリ菌が胃潰瘍を起こす仕組みと、十二指腸潰瘍を起こす仕組みはそれぞれ異なると考えられています。胃潰瘍では、ピロリ菌は、胃の中の尿素からアンモニアを作り、胃酸を中和することによって、強い酸性の胃の中に住み着いていますが、このアンモニアは胃粘膜を傷つけます。また、ピロリ菌の感染によって胃粘膜に有害な活性酸素が多く作られるようになり、粘膜は傷つきやすくなります。さらにピロリ菌が出す毒素によっても、胃粘膜は傷つけられます。このようにピロリ菌によるさまざまな影響で、胃粘膜に傷ができ、その部位が胃酸の刺激を受け続けて、傷が深くなることによって、胃潰瘍が引き起こされます。
一方、十二指腸潰瘍は、胃酸の分泌が高い方に起こります。胃酸の分泌が高いと、十二指腸に胃の粘膜が出来てきます。ピロリ菌が十二指腸に流れ出ると、十二指腸に出来た胃の粘膜にくっつき、その粘膜を弱らせます。そして胃粘膜に比べて酸に対する抵抗力が弱い十二指腸に胃酸が流れ込むと、その攻撃で十二指腸潰瘍ができると考えられています。
ただし、ピロリ菌に感染している方が必ず胃潰瘍・十二指腸潰瘍になるわけではありません。実際に潰瘍ができるのは、ピロリ菌感染者の2~3%程度といわれています。

ストレスでもなります。

胃や十二指腸などの内臓の働きは自律神経によって調節されています。強い肉体的ストレスや精神的ストレスを受けると自律神経の働きが乱れ、粘膜の血流が悪くなって粘膜が傷つきやすくなり潰瘍を生じます。
1995年に阪神淡路大震災が起こりましたが、その後2ヵ月間の周辺地域の胃潰瘍・十二指腸潰瘍の患者さんを前年と比べたところ、明らかにその数が多くなっていることが分かりました。震災被害が大きい方ほど、潰瘍の程度も悪くなっていることも分かり、ストレスと胃潰瘍・十二指腸潰瘍の深い関係があらためて示されました。

胃潰瘍の予防

胃に負担をかけない食生活を心がけましょう
胃潰瘍・十二指腸潰瘍の治療中でも、出血がある場合や潰瘍が深い場合を除けば、絶食などの食事制限は必要ありません。胃の負担を減らすよう健康的な食生活を心がけるようにしましょう。
規則正しく、適量を食べる
胃に負担をかけないために、1日3食、規則正しく食事をとり、暴飲暴食を控えましょう。
脂肪分、タンパク質の多い食事をとり過ぎない
脂肪分、タンパク質の多い食事は、胸やけなどの原因になります。一度にたくさんとり過ぎないようにしましょう。
香辛料の強い食事に注意する
香辛料の強い食事は、胃酸の分泌を刺激します。極端に辛い食事はとらないようにしましょう。

マッサージ鍼治療

マッサージや鍼治療で自律神経を整え迷走神経を刺激しリラックスして胃の負担を軽減します。

この様な症状が当てはまる患者様は是非、名古屋熱田区金山なみよせ鍼灸接骨院へお問い合わせ下さい!

交通事故での首、腰の痛みでお困りの方もお問い合わせ下さい。