なみよせブログ

名古屋で腱鞘炎、ばね指の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。坐骨神経痛、寝違いの治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。名古屋市熱田区以外の北区、中村区、西区からもたくさんの患者様にお越し頂いています。

こんにちは。加藤佳樹です。今日は蓄膿症について書きます。蓄膿は鼻の副鼻腔といわれる空洞の箇所に膿が溜まり炎症状態になる事をいい副鼻腔炎が慢性になった場合を指します。症状は炎症により鼻がむくんだり臭いを伴う鼻水が出てきたりとか鼻水が止まらなくなりかみ切れない事がある場合が多いです。鼻の両脇下あたりが痛みを伴い張ってきたりすると虫歯、抜歯に関係した蓄膿症かも知れません。年齢はあまり関係ないです。効くツボは眉毛と眉毛の真ん中にある印堂。髪の生え際の中央から指二本分上の上星。小鼻の両脇の迎香。親指と人差し指の根元の合谷の指圧、鍼は効きます。対策としては風邪にならない様に自己管理する。風邪は膿を作りやすいです。あとは食塩水を使っての鼻うがい、部屋の空気を綺麗にするのも効果があるでしょう。

交通事故の治療ならなみよせ鍼灸接骨院へ。

img_0033