なみよせブログ

名古屋で腱鞘炎、ばね指の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。坐骨神経痛、寝違いの治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。名古屋市熱田区以外の北区、中村区、西区からもたくさんの患者様にお越し頂いています。

こんにちは。加藤佳樹です。最近は寒い日が続きますね。今日は末端冷え性について。体幹は暖かく感じるのに足先、手先だけ冷えを感じる症状の事です。女性が圧倒的に多いです。女性が多いのはホルモンの関係と男性に比べて筋肉の量が少ないからと思われます。全般的には血液循環の影響で自律神経が関係します。寒い時は自律神経が優先的に暖める部分、体の中心部を暖めるので手足末端は後回しなり結果的に血行が悪くなり冷たくなります。対策としては簡単な運動で手の指をグーパーしたりスクワット運動も効果的です。食事は生姜、ニンジン、玉ねぎ、ゴボウなどが体を暖める食物なので多めに摂取するといいでしょう。飲み物だとココアですね。効くツボは土踏まずの少し上の中心あたりの湧泉。足の内側でくるぶしから指4本位上の三陰交、膝のお皿の骨の内側から指3本分のところにある血海の鍼灸、指圧は効きますよ。
交通事故の治療ならなみよせ鍼灸接骨院へ。

IMG_0081

名古屋で 肩こり、膝痛 なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。
冷え症、部分痩せが得意な名古屋熱田区 のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の緑区、天白区、守山区からもたくさんの患者様にお越し頂い てます。

こんにちは。岩瀬 康典です。
昨日は昼間暖かく夜はかなり冷えていました。温度差で体調を崩された方もいらっしゃるのではないでしょうか?
今日はそんな寒い日にオススメの「アロマバス」の紹介です。最近では入浴剤でもいろいろな香りがありますが、アロマオイルを落として入浴するのも好きな香りを探せるため、バスタイムが楽しくなるのではないでしょうか?

【入浴方法】
お湯を張った湯船に、アロマオイルをビンから精油が落ちるのを待って、1滴ずつ数えながら”5滴以内”で落とします。5滴までなら何滴でも構いません。
ただし敏感肌の人は少量でまずは試しましょう!
使い終わったアロマオイルはずぐに湿気のない涼しい場所で保管します。
アロマバスで冷えた体を温めるオススメの精油が以下の3つです。
①カモミール・ジャーマン
→リンゴを思わせる可憐な香り。
濃い青色の精油。肌荒れ、手荒れ、冷え症に効果的。
②ゆず
→親しみのある爽やかな香り。
イライラや冷えに効果的。
③レモン
→爽やかで酸味のある香り。冷え症、過食に効果的。

当院では足のむくみや疲れ、冷え性に効果的な「リンパ・足裏マッサージ」や「特別時間外診療(60分のマッサージ)」などのマッサージを実費診療(時間外要予約)で行っています。脚や体の不調をスッキリさせて気持ち良く過ごしましょう!

交通事故の治療なら、ぜひなみよせ鍼灸接骨院までお越し下さい!

IMG_0080

名古屋でめまい、耳鳴りの治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。めまい、耳鳴りの治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の稲沢市、刈谷市、東海市からもたくさんの患者さんにお越し頂いています。

こんにちは、金子 泰士です。
今日は「婦人科系症状と漢方薬」について書きます。
漢方薬治療は、体質を改善し、基礎体力や免疫力を高めることができます。前回書いた未病のような状態も漢方薬治療の適応症といえます。
また、女性特有の冷えや、月経不順、月経前症候群(PMS)、更年期障害などの症状に対しても高い効果があることがわかっています。
冷えや月経のトラブルは、気と血の変調によるものが多く、漢方薬で身体の調子を整えることで、血の量が増えたり、血の停滞が無くなり、症状の改善が期待できます。
気と血の流れを改善すれば、血の停滞が原因と考えられる肌のくすみやくま、肌荒れも解消されます。

参考文献『徹底図解 東洋医学のしくみ 新星出版社』

交通事故後の治療なら、なみよせ鍼灸接骨院へ。

IMG_0078

名古屋で五十肩、坐骨神経痛の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。五十肩、坐骨神経痛の治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の東区、千種区、瑞穂区からもたくさんの患者さんにお越し頂いています。

こんにちは、金子 泰士です。
今日は前回に続いて「緩和医療としての鍼灸」について書きます。
緩和医療では主に、痛み、便秘、倦怠感、むくみ、冷え、長期臥床で生じる筋肉などの疼痛、放射線治療や抗がん剤の副作用である吐き気などの軽減を目的に鍼灸治療が行われています。灸の温かさによるリラックス効果などの心理的な効果も期待できます。副作用がほとんど無く、治療薬や西洋医学の治療と併用でき、病気の初期から末期にわたって行うことができます。モルヒネなどの鎮痛薬が効きにくい神経の障害の痛みにも効果があるといわれています。
国立がんセンターでは、担当医と看護師、精神科医、管理栄養士、理学療法士、緩和ケア医らが連携し、患者の心身について情報を共有し、治療方針を調整します。そうした緩和医療のグループに鍼灸師も所属します。

参考文献『徹底図解 東洋医学のしくみ 新星出版社』

交通事故後の治療なら、なみよせ鍼灸接骨院へ。

img_0048

名古屋で膝痛、坐骨神経痛の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。膝痛、坐骨神経痛の治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の南区、港区、中川区からもたくさんの患者さんにお越し頂いています。

こんにちは、金子 泰士です。
今日は「指圧」について書きます。
指圧は、日本で生まれた手技で、指圧療法は明治末から大正時代に成立されたといわれています。日本で古くから行われていた按摩療法に、柔術の整復術(整骨)やアメリカから伝えられたカイロプラクティックやオステオパシー(手技によって骨や筋肉、内臓などの歪みを矯正する治療法)などの理論や手技を取り入れたものです。手のひらや親指で指圧点(ツボ)を押すことで、痛みや痺れ、冷えの症状、めまい、全身の倦怠感、便秘などを改善します。揉んだり、撫でたりする手技は基本的にありません。
指圧の特徴は、診断即治療といわれていて、手のひらや親指で、体表面や筋肉の異常を感知し、そのまま指圧することで症状を改善していきます。

参考文献『徹底図解 東洋医学のしくみ』 新星出版社

交通事故後の治療なら、なみよせ鍼灸接骨院へ。

img_0363