なみよせブログ

名古屋市熱田区で腰痛、膝痛の治療なら

地下鉄名城線、金山駅より徒歩5分。頭痛、めまいの治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の瑞穂区、中区、東海市からもたくさんの患者さんにお越し頂いています。

こんにちは、金子 泰士です。
今日は東洋医学における「肺」について書きます。肺は呼吸を行い、気をつくります。また、全身の水分のめぐりを調節します。そして、気や津液(しんえき)などを押し上げたり、押し下げるはたらきがあります。つまり、体内の古い気を外に出し、大気中の清らかな気を取り込んで全身に落とし込みます。肺は鼻水、皮膚、体毛とも関係が深く、肺に変調があるとこれらに影響が出やすくなります。免疫力にも関わってくるので風邪が流行りやすいこの時期には特に気をつけたいですね。

今週は冷え込みが強まり、雪まで積もっていましたが、来週も更なる寒気が来る模様。皆さんも体調管理にはくれぐれもご注意下さい。

201601200740

201601200740

今日は 松平家康が徳川に改姓した日(1566年) 。 熱田区で 交通事故専門治療 なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。
むちうち、偏頭痛が得意な名古屋市熱田区 のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の緑区、天白区、守山区からもたくさんの患者様にお越し頂い てます。
こんにちは。岩瀬 康典です。

ようやく寒波が流れ込んできて冷えが強くなってきました。年末で疲れもピークになるこの時期、年始に向けて体力を回復させて連休を楽しみたいものです。こんな時に摂りたい薬膳レシピの紹介です。
今日は「クコの実と山芋の雑穀粥」を紹介したいと思います。

効能:体力を回復させ、元気を与える。

材料×2人分
雑穀米・・・1合
黒豆・・・15g
山芋・・・50g
干しシイタケ・・・2枚
ホウレン草・・・1/2束
水・・・1L
ごま油・・・水滴
クコの実・・・10g
塩・・・適量
胡椒・・・少々

作り方
①雑穀米はといで1時間以上おき、黒豆も水に1時間以上浸けておく。
②山芋は皮を剥いて1.5cm角に切る。干しシイタケはやわらかく戻してスライスする。
③ほうれん草は下茹でして刻む。
④大きめの鍋に水を入れて沸騰したら、①を入れて再沸騰させる。弱火にしてごま油をたらし、ふたを閉めて20分程度炊く。
⑤②とクコの実を入れ、塩、胡椒で調味し、さらに20分程度炊く。③を加えて10分間蒸らす。

弱っている体に薬膳粥で元気を補いましょう!

投稿者:なみよせ鍼灸接骨院

image

今日はペンの日。熱田区で神経痛、膝痛の治療なら

地下鉄名城線、金山駅より徒歩5分。ギックリ腰、寝違えの治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の中区、昭和区、瑞穂区からもたくさんの患者様にお越し頂いています。
こんにちは、金子 泰士です。
近頃、急に冬めいてきましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。秋から冬に変わるこの時期、特に気をつけたいのが風邪です。乾燥や体温の低下は免疫力の低下を招き、細菌やウイルスの感染リスクを増大させる要因のひとつです。皆さんご存じのとおり、こまめに手洗い、うがいをしたり、マスクを着用するのが一般的な予防法です。ちなみに東洋医学では、かぜは風邪(ふうじゃ)といい、外にある邪気(外邪)が体に侵入して諸症状を引き起こしていると考えます。なので、定期的に鍼やお灸などで体にある気を充実させることで外邪に対する防衛能力を高め、かかりにくくすることができます。

余談ですが、休みの日に勤労に感謝をしながら家でごろごろしていたら、とうとう我が家にもマイナンバーの通知が届きました。手続きが便利になる一方、情報管理の難しさが問われる時代になりそうですね。

 

201511260058