なみよせブログ

名古屋で寝違え、坐骨神経痛の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。
寝違え、坐骨神経痛の治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の東海市、岡崎市、常滑市からもたくさんの患者さんにお越し頂いています。

こんにちは、金子 泰士です。
今日は内因(七情)について書きます。
東洋医学では人の感情を喜・怒・憂・思・悲・恐・驚の7つに大別します。
これらの感情自体はごくありふれたもので病気ではありませんが、大きなショックやストレスで過度に強まったり、長期間続くと病気の原因となります。気や血の循環が悪くなり、それぞれの感情と関係が深い臓腑が損傷するためです。
例えば、怒り過ぎると肝を傷つけ、気がうまく動かなくなり、血とともに頭に上ったままになります。
考え込む日が続く(過度の思)と脾が弱り、消化・吸収がうまくいかなくなり、胃や小腸にも異常をきたします。また、気が停滞し心を痛め、動悸や不眠を引き起こします。
心身共に健全な状態で健康は成立します。

当院の経絡治療、鍼灸治療は
〜幸せホルモン〜多幸感を与えてくれるオキシトシンの分泌を促し、精神安定物質であるセロトニンの分泌を促進させます。

筋膜リリース (グラストンテクニック)
GTJグラストンテクニックジャパン認定者3名在籍
国内でもグラストンテクニックを受けられる数少ない治療院です。
筋膜リリース、交通事故後の治療なら、なみよせ鍼灸接骨院へ。

名古屋で四十肩、ギックリ腰の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。
四十肩、ギックリ腰の治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の東区、千種区、昭和区からもたくさんの患者さんにお越し頂いています。

こんにちは、金子 泰士です。
今日は東洋医学における「神(しん)」について書きます。
神は人体において精神活動や生命活動をつかさどっていて、神がなくなると生命は存在できません。
神は五臓の中におさまっていて、心には神(狭義の神)、肺には魄(はく)、肝には魂(こん)、脾には意(い)、腎には志(し)という神が存在します。
心に存在する神は呼吸や知覚に関わり、思考や判断などの精神活動のほか、手足の動き、顔の表情にも関わっています。他の4つの神を統括する最上位の存在でもあります。
魄と魂は無意識的、本能的な活動に関わります。眠ったり酔っぱらうと神の支配が弱まり、魂が活発になるため、夢をみたり、奇行があらわれやすくなります。魄は本能的な行動や日常的に行う無意識な動作、注意力の持続などをつかさどります。
志は目的をもったり、目標を決めて具体的に考えます。
意は単純な思考や記憶を組み立てます。
それぞれ存在している五臓と影響し合う関係にあります。

当院の経絡治療、鍼灸治療は
〜幸せホルモン〜多幸感を与えてくれるオキシトシンの分泌を促し、精神安定物質であるセロトニンの分泌を促進させます。

筋膜リリース (グラストンテクニック)
GTJグラストンテクニックジャパン認定者3名在籍
国内でもグラストンテクニックを受けられる数少ない治療院です。
筋膜リリース、交通事故後の治療なら、なみよせ鍼灸接骨院へ。

名古屋で頭痛、膝痛の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。
頭痛、膝痛の治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の南区、港区、中川区からもたくさんの患者さんにお越し頂いています。

こんにちは、金子 泰士です。
今日は東洋医学における「六腑(ろっぷ)」について書きます。
以前、五臓について書きましたが、その五臓と密接に関係しているのが六腑です。
六腑とは小腸・大腸・胃・胆・膀胱・三焦(さんしょう)からなります。
五臓が気血や精で満たされているのに対して、六腑は飲食物と水分の通り道となる管を指します。
三焦以外の5つの腑は、それぞれ五臓と対になっています。(心と小腸、肺と大腸、脾と胃、肝と胆、腎と膀胱)

三焦は全身の津液(しんえき)の通り道で、臓器と臓器の隙間を指し、上焦・中焦・下焦に分けられます。

臓もしくは腑のどちらかが悪くなると、その対となる部位にも影響し、異常が起きやすくなります。

当院の経絡治療、鍼灸治療は
〜幸せホルモン〜多幸感を与えてくれるオキシトシンの分泌を促し、精神安定物質であるセロトニンの分泌を促進させます。

筋膜リリース (グラストンテクニック)
GTJグラストンテクニックジャパン認定者3名在籍
国内でもグラストンテクニックを受けられる数少ない治療院です。
筋膜リリース、交通事故後の治療なら、なみよせ鍼灸接骨院へ。

名古屋で スポーツ外傷、耳鳴りの治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。
尿漏れ、部分痩せ が得意な名古屋熱田区 のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の緑区、天白区、守山区からもたくさんの患者様にお越し頂い てます。

こんにちは。岩瀬 康典です。

漢方では、節分を基準に一年を24等分して約15日ごとに分けた「二十四節気」の暦で季節をとらえます。

6月6日ごろ「芒種(ほうしゅ)」

稲の穂先にあるとげのような「芒(のぎ)」のある穀類の種をまく頃。

▼五悪
五臓が衰弱しているときは、それぞれが嫌う気候・自然環境があります。
夏が嫌う気候・環境で該当するものは「熱」。
「熱邪」の影響で体内に熱がこもります。
○症状
高熱、口渇、発汗、頭や顔面の熱上昇、口内炎、目の充血、頭痛、イライラ、不眠など。

▼夏の食養生
水を巡らせる食材を摂る。余分な熱を冷まし、水分代謝を上げる。

食材としては、トマト、なす、きゅうり、冬瓜、西瓜、はと麦

当院の経絡治療、鍼灸治療は
〜幸せホルモン〜多幸感を与えてくれるオキシトシンの分泌を促し、精神安定物質であるセロトニンの分泌を促進させます。

筋膜リリース (グラストンテクニック)
GTJグラストンテクニックジャパン認定者3名在籍
国内でもグラストンテクニックを受けられる数少ない治療院です。

また足のむくみや疲れ、冷え性に効果的な「リンパ・足裏マッサージ」や「特別時間外診療(60分のマッサージ)」などのマッサージ、諸アレルギーに効果的な「花粉鍼」を実費診療で行っています。
なお特別時間外診療とリンパマッサージは要予約です。

交通事故の治療なら、ぜひなみよせ鍼灸接骨院までお越し下さい!

名古屋で寝違え、坐骨神経痛の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。
寝違え、坐骨神経痛の治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の東海市、岡崎市、常滑市からもたくさんの患者さんにお越し頂いています。

こんにちは、金子 泰士です。
今日は東洋医学における「腎(じん)」について書きます。
腎は蔵精といって精をためておく機能があります。腎の中にある精を腎精といいます。腎精は成長や生殖に関わり、生命活動の源となります。
腎には全身の水分の代謝を調節する「主水」という機能もあります。摂取した水分は脾によって肺に運ばれ、全身に行き渡りますが、余分な水分は腎に集められ、膀胱から排泄されます。
また、腎には肺から吸い込んだ気を腎におさめる「納気」という機能もあります。
腎の状態は耳や髪、骨(歯)に表れやすく、腎の状態が悪くなると耳の聞こえが悪くなったり、髪のつやが無くなったり、歯が抜けやすくなったりします。

当院の経絡治療、鍼灸治療は
〜幸せホルモン〜多幸感を与えてくれるオキシトシンの分泌を促し、精神安定物質であるセロトニンの分泌を促進させます。

筋膜リリース (グラストンテクニック)
GTJグラストンテクニックジャパン認定者3名在籍
国内でもグラストンテクニックを受けられる数少ない治療院です。
筋膜リリース、交通事故後の治療なら、なみよせ鍼灸接骨院へ。