なみよせブログ

名古屋でぎっくり腰、めまいの治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。
肩こり「肩凝り」、腰痛、ぎっくり腰、むちうちの治療が得意な名古屋熱田区 のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の南区、港区、緑区からもたくさんの患者様にお越し頂い てます。

こんにちわ!日掛秀樹です今日は上腕二頭筋炎についてかきます。

上腕二頭筋はいわゆる力こぶの筋肉

上腕二頭筋はさきほども言いましたが、いわゆる「力こぶの筋肉」ですね。肘を曲げて力を入れるとコブができますよね。これです。

上腕二頭筋のはたらきは肘の屈曲と前腕回外
この上腕二頭筋のはたらきは「肘を曲げる」ということがまず第一の働きです。そして、補助的には「前腕回外」と言って、手のひらを上に向ける回転運動を上腕二頭筋も担当します。
上腕二頭筋には長頭と短頭がある
この上腕二頭筋は「二頭筋」というくらいですから、2本の頭があります。それが長い「長頭」と短い「短頭」という名前がついています。
今回はそのうち「長頭」のお話ですね。
ちなみに「短頭」は肩甲骨の烏口突起(うこうとっき)という場所にくっついていますが長頭と違って肩の関節の中には入り込んでいません。
上腕二頭筋長頭は肩で急カーブしている
上腕二頭筋長頭ですが、この長頭は細いスジ(=腱)となって肩の前面を通って、肩の関節の中に入ってから急激に内側にカーブして肩甲骨の関節窩(かんせつか)の上にくっつきます。

この急カーブが1つ問題なんですね。
上腕二頭筋長頭腱は結節間溝で炎症を起こしやすい
上腕骨という骨の肩関節近くには結節間溝(けっせつかんこう)という凹みがあって、その凹みを上腕二頭筋長頭腱は通ります。この出口で先ほどの急カーブが来るので、この結節間溝で炎症が起こりやすいです。
それは強い力をいれたり、繰り返す肩や肘の動きで、結節間溝付近で上腕二頭筋長頭腱のスジが擦れるような負担がかかるということですね。
上腕二頭筋長頭腱炎の症状は肩前方の痛み
これが上腕二頭筋長頭腱炎の典型的な状態です。
そのため、結節間溝部分に動かしたときの痛みや、押しての痛みなどが出現します。
また、診察のときには、Speed testという診察テストをやります。これが陽性の時は、下のイラストのように肘を伸ばして手のひらを上にして肩を力を入れて抵抗に負けないように挙げていってもらうと痛みが走ります。

このようなテストで痛みが出る前に当院で治療、メンテナンスをする事で治るスピードも早いのとひどくなるのを予防することができます。なので少しでもそうかなとおもった方はなんでも聞いてください。

 

当院の経絡治療、鍼灸治療は
~幸せホルモン~多幸感を与えてくれるオキシトシンの分泌を促し、精神安定物質であるセロトニンの分泌を促進させます。
もし、この様な症状が当てはまる患者様は是非、名古屋市熱田区金山なみよせ鍼灸接骨院へお問い合わせ下さい!

交通事故での首、腰の痛みでお困りの方もお問い合わせ下さい。

名古屋で五十肩、ぎっくり腰の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。
五十肩、ぎっくり腰の治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の東区、千種区、昭和区からもたくさんの患者さんにお越し頂いています。

こんにちは、金子 泰士です。
今日は前回に続いて「四診」について書きます。
四診のひとつである問診もまた重要な情報源です。問診は、患者に対して現在の病気の症状や状態を尋ねるのはもちろん、その病気の変遷あるいは痛みの性状、年齢と性別、バイタルデータ、既往症や生活習慣など問診内容は多岐にわたります。そのため、最近では多くの治療院で質問項目をまとめた問診表が活用されています。
東洋医学の問診では、悪寒や発熱も重要な診断基準です。悪寒が強いのか、発熱が強いのか、両方とも強いのか、あるいは両方とも軽いのかで外邪や身体の状態がうかがえます。
また、発熱のしやすい時間帯や汗のかき方にも身体の状態が反映されます。
気が虚していると何もしていないのに汗が出たり、陰が虚していると寝汗をかきやすくなります。

 

当院の経絡治療、鍼灸治療は
〜幸せホルモン〜多幸感を与えてくれるオキシトシンの分泌を促し、精神安定物質であるセロトニンの分泌を促進させます。
交通事故後の治療なら、なみよせ鍼灸接骨院へ。

名古屋で美容鍼、美容電気鍼の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。
肩こり「肩凝り」、腰痛、ぎっくり腰、むちうちの治療が得意な名古屋熱田区 のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の南区、港区、緑区からもたくさんの患者様にお越し頂い てます。

こんにちわ。

日掛秀樹です!
今日は東京へ院長とグラストンテクニックの勉強会に行ってきました。
今ちまたで話題の筋膜リリース!これは勉強会いって先生にやってもらわないとわからないかもしれないけど本当に凄かった!10年間悩んでた首の痛みと右肘の痛みがほぼなくなったんですよ!これは凄いって思った!
なみよせ鍼灸接骨院にも導入する予定なので興味がある方は連絡してみてください✨

グラストンテクニックとは?

全身の各部位に合わせてデザインされた6種類のステンレス製インストゥルメント(器具)を使用して、筋・筋膜の動きを制限している癒着を取り除き、正常な機能へ早期回復させる軟部組織モビリゼーションテクニックです。

当院の経絡治療、鍼灸治療は
~幸せホルモン~多幸感を与えてくれるオキシトシンの分泌を促し、精神安定物質であるセロトニンの分泌を促進させます。
もし、この様な症状が当てはまる患者様は是非、名古屋市熱田区金山なみよせ鍼灸接骨院へお問い合わせ下さい!

交通事故での首、腰の痛みでお困りの方もお問い合わせ下さい。

名古屋で肩凝り、腰痛の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。
肩凝り、腰痛の治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の東海市、刈谷市、春日井市からもたくさんの患者さんにお越し頂いています。

こんにちは、金子 泰士です。
今日は前回に続いて「四診」について書きます。
四診の1つである「聞診」は字の如く、患者の発する声や呼吸音などを聞いて診ることを指します。声の大きさ、しゃべり方、息づかい、あるいは咳やしゃっくり、げっぷなどから患者の体調を判断します。
しゃっくりやげっぷは主に胃の気が上に逆流して起こります。
また、ストレスなどで気が滞っていると、ため息をつきやすくなります。
聞診には臭いをかぐことも含まれます。時に患者の体臭や口臭も、身体の不調を表すサインになります。

 

当院の経絡治療、鍼灸治療は
〜幸せホルモン〜多幸感を与えてくれるオキシトシンの分泌を促し、精神安定物質であるセロトニンの分泌を促進させます。
交通事故後の治療なら、なみよせ鍼灸接骨院へ。

名古屋で頭痛、膝痛の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。
頭痛、膝痛の治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の岡崎市、知立市、豊川市からもたくさんの患者さんにお越し頂いています。

こんにちは、金子 泰士です。
今日は前回に続いて「四診」について書きます。
四診の1つに、患者を視覚的に診る「望診」があります。望診は患者が診察室に入ってきた時点で始まります。患者の体型、顔色、舌、姿勢、歩き方などに異常がないか観察し、診断します。
顔色の望診では、五行説に基づいて肌の色を青・赤・黄・白・黒に分類し、関連する臓腑の異常がないかチェックします。
舌を診る舌診は、舌の形や舌の表面にある舌苔の状態などから気・血・津液や熱証といった様々な情報が得られるため、東洋医学の診察に広く用いられます。

 

当院の経絡治療、鍼灸治療は
〜幸せホルモン〜多幸感を与えてくれるオキシトシンの分泌を促し、精神安定物質であるセロトニンの分泌を促進させます。
交通事故後の治療なら、なみよせ鍼灸接骨院へ。