なみよせブログ

名古屋で腱鞘炎、ばね指の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。坐骨神経痛、寝違いの治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。名古屋市熱田区以外の北区、中村区、西区からもたくさんの患者様にお越し頂いています。

こんにちは。加藤佳樹です。今日は冷え性について。最近めっきり寒くなってきました。冷え性とは体を暖めても手足が冷えている様に感じて、なかなか暖かくならない事をいいます。原因は基本的に血行不良です。外が寒いと手足の毛細血管が縮んだり動脈硬化などでも暖かい血液を回す事が難しくなります。冷え性のタイプはいろいろあり体中心が冷える内臓型、大腿部や下腿部が冷える下半身型、手足の冷えの四肢末端型などがあります。男女比では女性の割合がかなり多く女性特有の皮膚の表面温度の低さ、筋肉が小さい、貧血が多いのが原因の様です。対策としてはお腹を暖ためる。お腹に服の上から貼るカイロを使用すると効果的です。指先運動もいいです。グーとパーを繰り返すだけでも効果あります。効くツボはお臍の上指4本分の中院。お臍の両側指3本分の天枢。足の親指と人差し指の骨の合流点の太衝。足裏の真ん中よりやや上の涌泉の指圧、鍼は効きますよ。
交通事故の治療ならなみよせ鍼灸接骨院へ。

img_0046