なみよせブログ

名古屋で腱鞘炎、ばね指の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。坐骨神経痛、寝違いの治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。名古屋市熱田区以外の北区、中村区、西区からもたくさんの患者様にお越し頂いています。

こんにちは。加藤佳樹です。
今日はパーキンソン病について。難病の一つで神経系統の病気です。脳を構成する脳幹の一つである中脳が侵される病気で黒質にレビー小体が出現する病気で神経細胞の減少がおこります。そして進行すると運動障害に至ります。手足のふるえ、筋肉が硬くなる、動きが遅くなるなどの症状がみられる様になります。原因ははっきりしないのですが近年の食生活でたんぱく質の過剰摂取、喫煙、偏食などが原因の酸化ストレスが原因とも言われます。運動障害以外では精神的症状、自律神経の機能低下もみられる様です。進行すると体の動きが著しく低下し顔の表情も乏しくなります。
マッサージで固くなった関節や手足の指のストレッチや歩行訓練も有効です。
効くツボはお臍の上指4本分の中かん。肘を曲げて出来るシワの表側の曲池。左右乳頭間の中央のだん中の指圧は効きます。
交通事故の治療ならなみよせ鍼灸接骨院へ。

image