なみよせブログ

名古屋で腱鞘炎、ばね指の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。坐骨神経痛、寝違いの治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。名古屋市熱田区以外の北区、中村区、西区からもたくさんの患者様にお越し頂いています。

こんにちは。加藤佳樹です。今日はむち打ち症について書きます。主に交通事故が原因となって起こります。追突事故により強い衝撃が首の骨を過度に負荷をかけて屈曲の後に過伸展する状態をいい靭帯や組織、関節包を損傷させ酷いものだと骨折、脱臼も見られる頸部捻挫の事です。
症状は頭痛、頸部の筋肉の痛み、肩の運動制限、しびれなどがあり程度の差が大きく痛みが酷いとか、なかなか治らない場合、脊髄硬膜の異常も考えられケースによっては目眩、吐き気をもよおす場合もあります。
治療対策としては、できるだけ専門の知識を持った医療機関にかかるのが賢明ですが家庭で出来る対策として痛みがある場合は最初の1日位は冷してやり痛みが取れてきたら少しずつ温めてやるのがいいかも。冷して炎症を取り去り温めて筋肉の緊張をとるのが目的です。睡眠時は枕を低めにしてやると良いです。
効くツボは後頭部の髪の生え際の真ん中から外側指一本分の天柱、手首の内側のシワの真ん中から肘に至る中間のげき門、肩部の一番高い中央にある肩井などの軽めの指圧、鍼はいいですよ。

交通事故の治療ならなみよせ鍼灸接骨院へ。

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。 肩こり「肩凝り」、腰痛、ぎっくり腰、むちうちの治療が得意な名古屋市熱田区 のなみよせ鍼灸接骨院です。

名古屋の熱田区以外の南区、港区、緑区からもたくさんの患者様にお越し頂い てます。

こんにちわ。
日掛秀樹です!

今日は鍼のことについて書きます。

一般に、鍼灸療法は肩こり,腰痛、神経痛、関節炎ぐらいにしか効果が無いように思われがちですが、多くのつらい症状や病気に効果があります。
鍼灸の適応例
【神経系疾患】 
◎神経痛・神経麻痺・痙攣・脳卒中後遺症・自律神経失調症・頭痛・めまい・不眠・神経症・ノイローゼ・ヒステリー 
【運動器系疾患】 
関節炎・◎リウマチ・◎頚肩腕症候群・◎頚椎捻挫後遺症・◎五十肩・腱鞘炎・◎腰痛・外傷の後遺症(骨折、打撲、むちうち、捻挫) 
【循環器系疾患】 
心臓神経症・動脈硬化症・高血圧低血圧症・動悸・息切れ 
【呼吸器系疾患】 
気管支炎・喘息・風邪および予防 
【消化器系疾患】
胃腸病(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘)・胆嚢炎・肝機能障害・肝炎・胃十二指腸潰瘍・痔疾 
【代謝内分秘系疾患】 
バセドウ病・糖尿病・痛風・脚気・貧血 
【生殖、泌尿器系疾患】 
膀胱炎・尿道炎・性機能障害・尿閉・腎炎・前立腺肥大・陰萎 
【婦人科系疾患】
更年期障害・乳腺炎・白帯下・生理痛・月経不順・冷え性・血の道・不妊 
【耳鼻咽喉科系疾患】 
中耳炎・耳鳴・難聴・メニエル氏病・鼻出血・鼻炎・ちくのう・咽喉頭炎・へんとう炎 
【眼科系疾患】 
眼精疲労・仮性近視・結膜炎・疲れ目・かすみ目・ものもらい 
【小児科疾患】
小児神経症(夜泣き、かんむし、夜驚、消化不良、偏食、食欲不振、不眠)・小児喘息・アレルギー性湿疹・耳下腺炎・夜尿症・虚弱体質の改善 

この様に鍼はリンパや白血球などに関係してくることから様々な疾患に効くと言われているため1つでも当てはまる人は金山駅すぐのなみよせ鍼灸接骨院へ。

今なら花粉の季節なので花粉鍼とかもいいですね〜‼︎

d44m_2670

熱田区金山 交通事故の治療、むち打ち治療はなみよせ鍼灸接骨院へ

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。
肩こり「肩凝り」、腰痛、ぎっくり腰、むちうちの治療が得意な名古屋市熱田区 のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の南区、港区、緑区からもたくさんの患者様にお越し頂い てます。

こんにちわ。
日掛秀樹です!

今日はへバーデン結節について書きます。

へバーデン結節とは?

あなた自身が指のことをしっかり知ることで、今までのイメージが変わり早期回復につながります。

へバーデン結節は、示指(人差し指)から小指にかけて第1関節が赤く腫れたり、曲がったり、痛みを伴うこともある症状です。

病院では、第1関節に変形、骨の出っ張りや痛みがあるとき、X線を用いてへバーデン結節と診断されます。また、第1関節の近くに水ぶくれのような腫れができた時にもそのように言われます。

へバーデン結節の痛みは、軟骨が減り骨と骨がぶつかることによりおきるといわれています。その関節のぶつかりが変形と導くのです。

一般に40歳代以降の女性に多く発生します。手を良く使う人になりやすい傾向があります。かかりやすい指は、示指(人さし指=78%)、中指、小指、環指(くすり指)、母指(親指)の順に多いと報告されています。
そもそも痛みの原因とは何なのでしょうか?
なぜへバーデン結節になってしまったのでしょうか?
それは、体全体の硬さです。

特に首から肩と腕から手にかけて体の硬さはほとんどの方があります。その原因を起こしている一つに筋膜という組織があります。

本来ならば柔軟性のあるその膜が、指の酷使や間違った使い方でなどの生活習慣が元で柔らかさを失い、硬くなってしまいます。

例えるならゴム手袋の裾を強くひっぱっている状態です。指先は強く引っ張られ、第1関節は、ごわごわして曲げにくくなります。

そして、その状態が長く続くと痛みやしびれが慢性化し、軟骨組織への圧迫が強くなり、関節の変形へとつながっています。
筋膜をはじめ、筋肉や腱や骨膜などの硬さを柔らかくすることで、関節の機能と血流を取り戻し痛みを取り戻せると言います。

痛みを正しくとらえ、治療をしっかりすれば痛みの軽減もされると言われています。

放っておけばいずれ楽になるは嘘、手術は対処療法でしかない
といわれたことはないですか?

でも実際のところ5年たっても10年たっても痛みで苦しんでいる患者さんがいらっしゃるのが事実で、年々症状が悪化している方が大半なのです。

私たちは、へバーデン結節の患者さんが辛い思いをされて悩んだ挙句、手術という選択肢だけはしてほしくありません。だからなみよせ接骨院で早めの治療をお勧めします。

こまったらなみよせ鍼灸接骨院へお問い合わせください。kounenki11

今日はユネスコ憲章記念日。小顔矯正、猫背矯正はなみよせ鍼灸接骨院へ

地下鉄名城線、金山駅より徒歩5分。
腰痛、首痛の治療が得意な熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。

名古屋市熱田区以外の昭和区、瑞穂区、中区からもたくさんの患者さんが来院してくれてます。

なみよせワンポイント講座です

今日は前回に引き続き
気海(きかい)のツボの位置です

おヘソ下の1寸5分(約3cm)の所にあるツボ。

おヘソと恥骨を結ぶ線を5等分して、その1つをおヘソの下から指の幅1本半分のところ。

身体の中心線上でおヘソと関元を線で結んだ丁度中心点にあります。image

 

 

投稿者 なみよせ鍼灸接骨院

今日はお菓子の日。むちうち、頭痛の治療はなみよせ鍼灸接骨院へ。

地下鉄名城線、金山駅より徒歩5分。寝違え、ギックリ腰の治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。名古屋の熱田区以外のからもたくさんの患者さんにお越し頂いてます。

こんにちは、金子 泰士です。今日は「未病」の話をします。
東洋医学でいう「未病」とは、一般に頭痛・動悸・息切れ・肩こり・倦怠感といった病気の一歩手前の状態を指します。早めにそういった症状を治療する事で、病気を未然に防いで、健康を維持することが本来の東洋医学の目的なのです。その為、定期的な体のケアが重要となってくるのです。

お問い合わせはこちらです。 http://namiyose.net/script/mailform/inquiry/何でもお問い合わせ下さい。

ちなみに写真は、先日行った大須の大道町人祭のおいらん道中の様子です。

201510101519

201510101519

投稿者 なみよせ鍼灸接骨院