なみよせブログ

名古屋で寝違え、坐骨神経痛の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。
寝違え、坐骨神経痛の治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の東海市、岡崎市、常滑市からもたくさんの患者さんにお越し頂いています。

こんにちは、金子 泰士です。
今日は「透析治療と鍼」について書きます。

透析治療は糖尿病や腎臓の病気の進行により、腎臓の機能が著しく悪化したときに行われます。腎臓は血液をろ過して、身体に不要な成分を取り除き、余分な水分と共に尿として排泄するはたらきがあります。透析治療は、このはたらきを人工的に置き換えるものです。
慢性の腎不全では、長期にわたって透析治療を受けますが、しばしば合併症がみられます。関節の痛み、全身に起こる非常にしつこいかゆみ、だるさ、イライラ感、不眠など症状は様々です。そのため、鎮痛剤やかゆみ止めなども用いられます。しかし、透析治療を受ける人は、高齢だったり、すでに多くの薬を服用している場合が多く、薬を増やすことは望ましいことではありません。また、鎮痛薬の効果が出ない人もいます。そこで、これらの症状を鍼で治療する研究が埼玉医科大学で行われました。
透析治療を受けている人に週1~3回の鍼治療を行ったところ、一ヶ月後には、痛み、かゆみ、倦怠感といった全身症状で改善がみられました。ヘモグロビン、ヘマトクリット、アルブミンの血液検査値も基準値に近づき、腎機能や肝機能への影響があらわれました。一年後には、全身症状に加え、不眠の症状も改善されました。尿素窒素の値も改善がみられました。
鍼治療によって症状が緩和されることで、患者さんの生活の質(QOL)の向上が期待できます。

当院の経絡治療、鍼灸治療は
〜幸せホルモン〜多幸感を与えてくれるオキシトシンの分泌を促し、精神安定物質であるセロトニンの分泌を促進させます。

筋膜リリース (グラストンテクニック)
GTJグラストンテクニックジャパン認定者3名在籍
国内でもグラストンテクニックを受けられる数少ない治療院です。
筋膜リリース、交通事故後の治療なら、なみよせ鍼灸接骨院へ。

名古屋で骨盤矯正、鍼灸治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。
肩こり「肩凝り」、腰痛、ぎっくり腰、筋膜リリース、むちうちの治療が得意な名古屋熱田区 のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の南区、港区、緑区からもたくさんの患者様にお越し頂い てます。

こんにちわ!日掛秀樹です今日は鼻炎について書きます。
花粉症をはじめとするアレルギー性鼻炎が広く知られていますが、他にもさまざまな要因で起こる鼻炎があります。ドクター監修のもと、鼻炎の種類とメカニズム、症状をやわらげる方法について解説します。

ムズムズとした鼻の症状が続く鼻炎。花粉症などのアレルギー性鼻炎が有名ですが、他にもさまざまな原因で発症します。鼻炎の種類とメカニズム、対処方法について詳しく見ていきましょう。
アレルギー性だけではない!鼻炎の種類
鼻炎の種類は原因によってさまざまです。よく知られているアレルギー性鼻炎の他、主な鼻炎をご紹介します。
(1)アレルギー性鼻炎
日本人の2.5人に1人が発症しているとされる鼻炎で、季節性アレルギー性鼻炎(花粉症)と通年性アレルギー性鼻炎に分けられます。季節性アレルギー鼻炎の原因は、ほとんどが花粉です。通年性アレルギー鼻炎のアレルゲンには、ハウスダスト(部屋のほこりやダニ)、カビ、ペットの毛や皮屑などがあります。
(2)血管運動性鼻炎
アレルギー性鼻炎と同じ症状が現れるが、特定のアレルギーが見つからない鼻の疾患です。温度差によって発生するケースが多いです。また、寝不足、精神的ストレス、タバコの煙などが原因となることもあります。高齢者に多く見られる現象ですが、温かいものを食べた時に鼻水が止まらなくなることも多いとされます。
(3)萎縮性鼻炎
鼻の粘膜が薄く・硬くなり、鼻腔が広がって鼻の中が乾燥しているように感じたり、かさぶたやニオイが発生することもある慢性鼻炎の一種です。鼻の粘膜には、ホコリなどの粒子を取り除いて鼻の中を潤す「線毛」と呼ばれる細胞がありますが、萎縮性鼻炎になるとこの線毛が機能しなくなり、症状が悪化していくとされています。
(4)薬剤性鼻炎
市販の点鼻薬などを使いすぎた時に起こる鼻の疾患で、鼻づまりが主な症状となります。点鼻薬を長期間使用することで血管が広がってしまい、鼻の粘膜が腫れて鼻づまりの症状が起こるのです。点鼻薬を1日に3回以上、1か月以上継続して使用している場合は、薬剤性鼻炎になっている可能性があります。
他にも、風邪のウイルスにより起こる急性鼻炎や、これをくり返したり長引かせることで起こる慢性鼻炎などもあります。慢性鼻炎には、単純性鼻炎(鼻の片側に粘膜の赤み、鼻漏、鼻閉などが起こる症状)や肥厚性鼻炎(鼻の両側に単純性鼻炎と同じ症状が起こるもの)、上記にあげた萎縮性鼻炎などがあります。
鼻炎の主な症状はくしゃみ、鼻水、鼻づまり
人間の体には外部から異物が入ってくると、それらを排除しようとする働きがあります。鼻炎の際に起こるくしゃみ、鼻水は、このような働きにより起こる症状です。
くしゃみは、ウイルス、ホコリ、花粉などが鼻や喉の粘膜に付着した時に、肥満細胞から放出された化学伝達物質「ヒスタミン」が鼻粘膜にある知覚神経を刺激することで起こります。鼻水には異物を体の外へ排出する役割があるため、花粉やウイルスなどのアレルゲンが侵入すると、大量に出てくるのです。
鼻づまりは、炎症により鼻の粘膜が腫れることで空気の通り道が狭くなり、鼻の通りが悪くなることで起こります。
鍼でも鼻炎や花粉症を解消したり予防したりすることができます。これからの季節きついと思う方お問い合わせください!

 

当院の経絡治療、鍼灸治療は
~幸せホルモン~多幸感を与えてくれるオキシトシンの分泌を促し、精神安定物質であるセロトニンの分泌を促進させます。
もし、この様な症状が当てはまる患者様は是非、名古屋市熱田区金山なみよせ鍼灸接骨院へお問い合わせ下さい!

筋膜リリース (グラストンテクニック)
GTJグラストンテクニックジャパン認定者3名在籍
国内でもグラストンテクニックを受けられる数少ない治療院です。

交通事故での首、腰の痛みでお困りの方もお問い合わせ下さい。

名古屋で寝違え、坐骨神経痛の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。
寝違え、坐骨神経痛の治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の東区、千種区、瑞穂区からもたくさんの患者さんにお越し頂いています。

こんにちは、金子 泰士です。
今日は前回に続いて「鍼治療」について書きます。
東洋医学において、鍼の治療目的は「補(ほ)」と「瀉(しゃ)」の大きく二つに分けられます。
補は不足している正気を鍼によって補い、充実させることを指し、瀉は邪気や停滞している気や血を取り去ったり、別の場所に移動させることを指します。
つまり、証をたてて虚していれば補う治療(補法)、実していれば瀉する治療(瀉法)を行います。
刺鍼時の鍼の操作や刺す方向などによって補瀉を使い分けます。
また、五臓を五行相生説にあてはめ、刺激する経穴(ツボ)を選ぶことにより、補瀉を行う方法もあります。

 

当院の経絡治療、鍼灸治療は
〜幸せホルモン〜多幸感を与えてくれるオキシトシンの分泌を促し、精神安定物質であるセロトニンの分泌を促進させます。

筋膜リリース (グラストンテクニック)
GTJグラストンテクニックジャパン認定者3名在籍
国内でもグラストンテクニックを受けられる数少ない治療院です。
筋膜リリース、交通事故後の治療なら、なみよせ鍼灸接骨院へ。

名古屋で四十肩、ギックリ腰の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。
四十肩、ギックリ腰の治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の東海市、刈谷市、岡崎市からもたくさんの患者さんにお越し頂いています。

こんにちは、金子 泰士です。
今日は「鍼治療」について書きます。
鍼を刺す角度や深さは治療の目的に応じて変わります。
基本は皮膚に対して垂直に刺しますが、肺などの臓器を避けて刺すときや薄い部位を狙って刺すときなどは角度を変えて刺します。
体格や体質に応じて鍼を刺す深さも変わります。
特定の位置に鍼が刺されると、だるい、しびれる、重い、といった独特の感覚をおぼえます。これは、不愉快な痛みではなく、このような鍼治療独特の感覚を「ひびき」あるいは「得気(とっき)」と言います。
ひびきは、鍼の刺激で経絡の気が反応しているときにあらわれます。気がよく動いた場合は、鍼を刺した位置と離れたところにひびきを感じることがあります。

 

当院の経絡治療、鍼灸治療は
〜幸せホルモン〜多幸感を与えてくれるオキシトシンの分泌を促し、精神安定物質であるセロトニンの分泌を促進させます。

筋膜リリース (グラストンテクニック)
GTJグラストンテクニックジャパン認定者3名在籍
国内でもグラストンテクニックを受けられる数少ない治療院です。
筋膜リリース、交通事故後の治療なら、なみよせ鍼灸接骨院へ。

名古屋で眼精疲労、外反母趾の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。
肩こり「肩凝り」、腰痛、ぎっくり腰、むちうちの治療が得意な名古屋熱田区 のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の南区、港区、緑区からもたくさんの患者様にお越し頂い てます。

こんにちわ!日掛秀樹です今日は鼻炎について書きます。

鼻炎には種類があるの?
あなたの鼻炎は本当に「アレルギー性鼻炎」なのでしょうか?

鼻炎はアレルギー以外にも原因がありますので、その原因に対する対策が必要になります。

まずは鼻炎の種類を知り「本当にアレルギー性鼻炎なのか?」を判断しましょう。

①感染性鼻炎
鼻炎の中で最も一般的なもので、アレルギー体質の人でなくても発病します。

最も多いのは

風邪ウィルス
インフルエンザウィルス

による急性鼻炎で、それが慢性化すると慢性鼻炎になります。

慢性鼻炎の場合は、アレルギー性鼻炎との区別は一般の人にはつけにくいのですが、「感染性の急性鼻炎から慢性化すると慢性鼻炎になる」と解釈すれば良いでしょう。

医学的にはアレルギーが原因の場合は「アレルギー性鼻炎」と表記されるので、そこで区別しています。

急性鼻炎が慢性化する原因の多くは、抗生剤が効かないことであり、鼻炎症状が長引くと「慢性鼻炎」と診断されます。

一般的には3~5日以上改善しない場合に「慢性化した」と見なされ、抗生剤の変更などの治療方針の変更が検討されます。

慢性化した場合、鼻の奥にキノコ状の「鼻茸」というポリープができてしまい、蓄膿症と呼ばれる鼻の病気へ悪化しやすくなるため、早めの対策が重要となります。

②アレルギー性鼻炎
「アレルギー」とは、特定の物質に免疫機能が過剰反応してしまい、炎症を起こす症状です。

このとき、「アレルギーを引き起こす特定の物質」のことをアレルゲンと呼んでいます。

本来、鼻水やくしゃみなどのアレルギー反応は、体内に入ろうとする異物を「速やかに除去するための防御反応」です。

しかし、免疫機能が過剰反応しているため、通常よりも過敏に反応し、症状が強くなったり、症状が出ている時期も長引いてしまうのです。

アレルギー性の鼻炎には季節性のものと通年性のものがあります。

季節性のもので最も有名なのが「花粉症」です。

また通年性のアレルギー性鼻炎としては

「ハウスダスト」
「化学物質」
「光過敏」
「匂い過敏」

などが挙げられます。

花粉症の場合は、花粉が飛散する時期を過ぎると症状は落ち着きますが、通年性のものは一年中発作を起こす可能性があります。

また、一度発症すると完治が難しい非常に厄介な病気です。

③その他の鼻炎
特にアレルギーというわけであはりませんが、刺激の強い香辛料の入った料理や熱いものを飲食した時などは、鼻腔粘膜が刺激されて鼻水やくしゃみがでます。

これは一時的な「生理的な鼻炎」ですので病気ではありません。

他にも投薬中の人は薬の副作用で鼻炎症状が出る場合があり、これは病気としての薬剤性鼻炎となります。

薬剤性鼻炎を起こしやすい薬剤には

降圧剤
抗鬱(うつ)剤
避妊用ピル

などがあります。
鍼などで花粉症や鼻炎を和らげることができるので鍼などに興味がある方は何でも聞いてください!!

当院の経絡治療、鍼灸治療は
~幸せホルモン~多幸感を与えてくれるオキシトシンの分泌を促し、精神安定物質であるセロトニンの分泌を促進させます。
もし、この様な症状が当てはまる患者様は是非、名古屋市熱田区金山なみよせ鍼灸接骨院へお問い合わせ下さい!

交通事故での首、腰の痛みでお困りの方もお問い合わせ下さい。