なみよせブログ

名古屋で腱鞘炎、ばね指の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。坐骨神経痛、寝違いの治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。名古屋市熱田区以外の北区、中村区、西区からもたくさんの患者様にお越し頂いています。

こんにちは。加藤佳樹です。今日はのぼせ症状について書きます。普段起こらない様な熱感が顔面や頭部に現れた状態をいいます。頭に血が上るといった表現を使ったりします。安静時の血液量の配分はほぼ決まっていて、のぼせを与える頭部の血液量の偏りは極少量であるとされています。
原因は主に自律神経失調症、高血圧、更年期障害などで自律神経系だと血液循環が乱れて頭部、心臓、肺部には多く血液が送り込まれ、その他の場所には血液の量が減るという状態になり、のぼせが出やすい環境になります。
対策としては自律神経を安定させる意味での食事療法で食物繊維が多いゴボウ、レンコン、キノコ、発酵食品のキムチ、味噌やお酢関係が安定させてくれます。決まって時間の食事も大切です。後はリラックスする時間を作り緊張状態を取り去り自律神経を休ませます。効くツボは膝の皿の上で内側から指三本の血海、内側くるぶしの上からアキレス腱との間の中央部の太谿、足の内側で内くるぶしの上指四本分の三陰交の指圧、鍼灸はいいですよ。

交通事故の治療ならなみよせ鍼灸接骨院へ。