なみよせブログ

名古屋で腱鞘炎、ばね指の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。坐骨神経痛、寝違いの治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。名古屋市熱田区以外の北区、中村区、西区からもたくさんの患者様にお越し頂いています。

こんにちは。加藤佳樹です。今日は、てんかん症状について書きます。症状は動いていると急に動きが止まったり、突然、意識を失うとか体を大きくガクガクさせる痙攣がおきたりします。発症は若年層からが8割でそれ以降の発症は少ないようです。定義として、脳の神経細胞に突然発生する激しい電気的興奮とされています。二種類に分けられ脳外傷、アルツハイマーなど原因がはっきりしているものを症候性てんかん。はっきりしないものを突発性てんかんといい、日本では4対6の割合だそうです。治療は薬物治療が主です。発作を抑制する抗てんかん薬が使われますが原因を治す物ではありません。予防はストレスを溜めない。趣味を持ちストレスを発散させる。規則正しい生活、睡眠を多くとるなどです。効くツボは外くるぶしの下2センチの申脈、両方の眉毛の間の中心点の印堂、肘を曲げて出来るシワの外側の先端部の曲池のツボは効きます。

交通事故の治療ならなみよせ鍼灸接骨院へ。

image