なみよせブログ

名古屋で腱鞘炎、ばね指の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。坐骨神経痛、寝違いの治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。名古屋市熱田区以外の北区、中村区、西区からもたくさんの患者様にお越し頂いています。

こんにちは。加藤佳樹です。
今日はアクビについて書きます。アクビが出るきっかけはいろいろあって退屈感、眠気では脳の働きの低下を正常にする時に起こります。感情移入でも起こり例えば隣の人がアクビをしていると自分もしてしまう事です。脳の温度調整でもアクビが出ます。冷えた空気を取り込む為です。あと緊張状態でも多く見られます。
アクビは脳の働きが悪くなると多く酸素を取り込んで脳の温度を下げて酸素により活性化する説が有力で他にもいろいろ諸説がある様です。
対策は飲み物を飲む。特に炭酸系やカフェインが含まれるものがいいです。あと上唇を噛む、前歯の裏側に舌を付ける方法もあります。
効くツボは頭のてっぺんで両耳と鼻の延長線が交わるところの百会、目頭と鼻の付け根との間のせい明、首の後ろで中央の窪みの両脇にある筋肉の上端で左右両方外側の窪みの天柱のツボの鍼灸、指圧は効きます。

当院の経路治療、鍼灸治療は〜幸せホルモン〜多幸感を与えてくれるオキシトシンの分泌を促し精神安定物質であるセロトニンの分泌を促進させます。
交通事故の治療ならなみよせ鍼灸接骨院へ。