なみよせブログ

名古屋で腱鞘炎、ばね指の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。坐骨神経痛、寝違い、花粉症の治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。名古屋市熱田区以外の北区、中村区、西区からもたくさんの患者様にお越し頂いています。

こんにちは。加藤佳樹です。
今日は耳鳴りについて書きます。感じ方はいろいろありますがボーという低い感じの耳鳴りは目眩を伴うメニエール病に多いそうです。ジーとセミが鳴く感じは突発性難聴かも。一番多いキーンと高い耳鳴りは加齢による耳の機能の衰えで感じやすい耳鳴りです。
対策としては血行を良くする事です。入浴や適度な運動。耳を温める事もいいでしょう。睡眠不足、ストレス、風邪なども自律神経の異常で耳鳴りを感じやすくなります。
耳鳴りのツボは耳たぶの後ろの窪みの翳風。その後方の完骨。耳の穴前方にあるでっばりの前側の聴宮の指圧がいいです。

image

名古屋で 腱鞘炎、ばね指 なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。
外反母趾、眼精疲労が得意な名古屋熱田区 のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の緑区、天白区、守山区からもたくさんの患者様にお越し頂い てます。
こんにちは。岩瀬 康典です。

今日は五月病対策第3弾。
心と体をリラックスさせる薬膳の紹介です。

【はすの実と金針菜のスープ】
▼材 料 (2人分)
・金針菜 10g
・はすの実 10g
・ごま油 大さじ1/2
・にんにく 1片分
・チンゲン菜 1束
・ハム 4枚
・長ネギ1/4本
・水 4カップ
・醤油 大さじ2・胡椒 適量

▼作り方
①金針菜は水に浸けて戻し、5cmの長さに切る。
②水で戻したはすの実は鍋に分量の水を入れて、弱火で柔らかくなるまで煮る。火を消す直前に①を加える。
③チンゲン菜、ハムを食べやすい大きさにカットし、にんにく長ネギはみじん切りにしておく。
④熱したフライパンに、ごま油、にんにくを加えて香りを出し、ハムとチンゲン菜の茎をさっと炒める。
⑤②の鍋に④を加えて、煮立たせ、チンゲン菜の葉と長ネギを加え、醤油と胡椒で調味する。

5月も終わりに近づき、暑いぐらいの気温になってきましたので、体調には気を付けましょう!

image

名古屋で頭痛、肩こりの治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。
肩こり「肩凝り」、腰痛、ぎっくり腰、むちうちの治療が得意な名古屋熱田区 のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の南区、港区、緑区からもたくさんの患者様にお越し頂い てます。

こんにちわ。
日掛秀樹です!

今日は偏頭痛「頭痛」についてかきます。

頭痛の原因 片頭痛
片頭痛を引き起こすメカニズム
頭部の血管が拡張し、炎症を起こして痛みが発生するのが片頭痛ですが、その発生の原因には幾つかの説があります。ここでは一般的によく知られている2つの説をご紹介します。
血管説
頭部の血管が拡張することによって頭痛が起こると考える説です。
血小板からのセロトニン(血管を収縮させる作用を持つ)が放出されるため一旦脳の血管が収縮します。 その後、時間の経過とともにセロトニンが分解されていき減少することによって一度収縮した血管が逆に拡張するために頭痛が起こるというものです。
三叉神経血管説
脳神経の中で最も大きい三叉神経(顔面周辺の感覚をつかさどる)が関与しているという説です。
何らかの刺激によって三叉神経が刺激されることにより、三叉神経の末端から血管を拡張させる作用をもつ様々な神経伝達物質が分泌されます。 それらの働きで拡張した血管や、それによって発生した炎症が神経を刺激して痛みが起こるというものです。
片頭痛の症状
片頭痛は、頭の片側または両側が脈打つようにズキンズキンと痛む病気です。 月に1~2度とか、週に1~2度の頻度で発作的に起こるのが特徴で、いったん痛み出すと寝込んでしまう、仕事が手につかないなど、多くの方が日常生活に支障をきたします。
吐き気や嘔吐を伴うことが多く、また普段はなんでもないような光や音に対して過敏になる、といった随伴症状がみられることもあります。 しかし、痛みがおさまると健康な人と全く同じように生活や行動ができますし、片頭痛自体が命にかかわることはありません。
ストレスのある状態を続けたあと、一段落してホッとしたとき(休日など)にも頭痛が起こります。頭痛は数時間程度のこともあれば、3日間くらい続くこともあります。

偏頭痛の予兆。

前兆を伴わない片頭痛でも、「なんとなく頭痛がきそうだ」という漠然とした予感を感じることがあります。
具体的には、
* だるい
* 気分がよくない
* イライラする
* 食欲が通常以上に出る
* 体がむくむ
* 甘いものを無性に食べたくなる
* 眠気を感じる
といった状態になり、そのあとに頭痛が起こるケースです。
こうした漠然とした症状については「予兆」とよんで、前兆とは区別しています。

このような症状が当てはまる方は名古屋熱田区なみよせ鍼灸接骨院へお問い合わせ下さい。

image

名古屋で腱鞘炎、ばね指の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。坐骨神経痛、寝違い、花粉症の治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。名古屋市熱田区以外の北区、中村区、西区からもたくさんの患者様にお越し頂いています。

こんにちは。加藤佳樹です。
寝違えについて書きます。起床時に背中の筋肉や首の筋肉が痛くて動かす事が出来ない事ありますよね。
原因としては血行不良で筋肉が固くなり寝返りを打ちにくい事、筋緊張で柔軟性を失い筋繊維に傷を付けてしまう事など。最近では腋下神経の圧迫によるものとも言われています。首に繋がる腋下神経が睡眠中に圧迫され血行不良になり痺れてしまい痛みとして首にでるとの事です。
対処法としてはストレッチが効果的です。脇の下の筋肉を伸ばして血行を良くする。肘を伸ばしたまま腕を耳の高さまで持ち上げそのまま保持するといいですね。指圧のツボは落枕。手の甲側で中指と人差し指の間の付け根です。ツボを押しながら首を動かすと効果的ですね。

image

名古屋でむちうち、耳鳴りの治療なら

地下鉄名城線、金山駅より徒歩5分。片頭痛、鍼灸の治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。

名古屋の熱田区以外の瑞穂区、千種区からもたくさんの患者さんにお越し頂いています。

こんにちは!林田恵美子です。

今日のツボは「太陽」(たいよう)について

場所は、こめかみの近くにあり、眉尻と目じりのちょうど真ん中より、少し外側です。少しへこんでいます。

効能は、
〇老眼予防、目の疲れ
〇偏頭痛(片頭痛)
〇顔面神経痛
〇三叉神経痛

太陽には、「眼医者ごろし」という異名があります。「眼科医がいらなくなるほど、眼病の予防と改善に効果がある」という意味です。

目が疲れたときだけではなく、老眼予防にも効果的なので、毎日の日課として行うといいですよ!
そして老眼の予防だけではありません。
すでに老眼の人の「太陽」に、1回鍼(はり)をうったら、その直後に近くが楽に見えたという話もあります。このことから、老眼の改善効果も期待できます。

目が疲れている人には、頭痛もちの方が少なくはありません。太陽は頭痛にも効くので同時に解消できて一石二鳥です!!

image