なみよせブログ

名古屋でスポーツ外傷、半月板損傷の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。
肩こり「肩凝り」、腰痛、ぎっくり腰、むちうちの治療が得意な名古屋熱田区 のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の南区、港区、緑区からもたくさんの患者様にお越し頂い てます。

こんにちわ。
日掛秀樹です!

今日はオスグッドについてかきます。

症状、原因

オスグッド病はオーバーユースによる成長期のスポーツ障害の代表疾患で、古くから報告されています。成長期は急激に身長が増加しますので骨も急成長を遂げますが、残念ながら筋や腱などの軟部組織は同様には成長しません。よって、相対的に硬い身体になってしまう時期でもあります。そのために生じる大腿四頭筋の柔軟性低下(いわゆる筋肉が硬い)を契機に、ジャンプやダッシュなどの繰り返しの動作による牽引力が脛骨結節部に加わります。成長期の脛骨結節部には骨が成長するために必要な骨端核が存在していますが、大腿四頭筋による強大な牽引力が負担となり、骨端核の発育が阻害されます。これがオスグッド病です。

スポーツ動作全般で発生しますが、特にジャンプ動作での膝屈伸時や、ダッシュやキック動作で起こりやすく、膝蓋骨下方にある脛骨結節部に限局した疼痛と強い圧痛が主症状です。局所の熱感や腫張、骨性の隆起(写真1)が認められます。時に両側に発生します。  ジャンプ時の疼痛が原因でジャンプ力が低下したり、ダッシュ時の疼痛でタイムが低下したりするなど、スポーツ能力の低下に直結しますが、急性外傷(突発的ケガ)ではないためにスポーツ休止の判断が難しく、現場では疼痛を抱えながらもスポーツ活動を継続している例を散見します。

好発スポーツは

陸上競技、サッカー、バレーボール、バスケットボール、バドミントン、動作ではジャンプ、ダッシュ、キック、フルスクワットなどで好発します。“うさぎ跳び”がトレーニング界で死語となった背景には、本症の発生率が高かったことがあると思われます。

治療

応急処置はアイシングが最も有効です。疼痛には消炎鎮痛薬(外用内服)や(極)超音波、低周波などの物理療法なども効果がみられます。予防には大腿四頭筋のストレッチングが不可欠で、オスグッド用の膝サポーターも有用です。まれに骨片摘出術を行います。

予防

大腿四頭筋のストレッチは良くなってからも続ける!
マッサージや鍼などで筋肉を柔軟にしておく。

このような症状が当てはまる方、お子様がこのような症状を訴えてる方は是非、名古屋熱田区なみよせ鍼灸接骨院へお問い合わせください。

image

名古屋で神経痛、オスグットの治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。
肩こり「肩凝り」、腰痛、ぎっくり腰、むちうちの治療が得意な名古屋熱田区 のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の南区、港区、緑区からもたくさんの患者様にお越し頂い てます。

こんにちわ。
日掛秀樹です!

今日は正中神経麻痺についてかきます。

正中神経麻痺(手根管症候群)とはどんな病気か

 正中神経のはたらきは、前腕を内側にひねるように回す運動(回内(かいない))、手首、手指の屈曲、親指を手の平と垂直に立てる運動(外転)、親指と小指をつける運動(母指対立)などです。知覚神経は親指、人差し指、中指の全部と薬指の親指側半分の手のひら側と、親指側半分の手のひらです。 
 正中神経は手首部にある手根管という狭いトンネルを通り抜ける構造になっており、周囲三方向を骨の壁、残りの一方は強靭な靭帯(じんたい)によって囲まれています。そのため、この部分で正中神経が圧迫されやすい構造になっており、手の使いすぎによる腱鞘炎(けんしょうえん)、妊娠時の水分貯留、糖尿病、甲状腺機能低下症(こうじょうせんきのうていかしょう)やアミロイドーシスなどにより容易に正中神経が損われて正中神経麻痺を起こします。これを手根管症候群といいます。 
 手のしびれで睡眠中に目が覚めることは、この症候群に特徴的です。

原因
正中神経麻痺は、正中神経のどこかの部分が圧迫されることによって引き起こされます。多くは交通事故によるけがや骨折が原因となりますが、腫瘍や神経の炎症、糖尿病や甲状腺機能低下症などを原因として引き起こされることもあります。
  
どこの部分でも圧迫は起きる可能性がありますが、特に神経が損なわれやすいのは、手首にある手根管という部分を通る正中神経です。ここは骨と靱帯に囲まれた狭いトンネル状になっているため、少しの圧迫でも神経に影響が出がちです。そのため、特にこの手根管の部分での正中神経麻痺を手根管症候群と呼びます。

治療法
正中神経麻痺の治療は、基本的にはサポーターを装着して安静にすることです。指先を使う仕事(タイピング、針仕事、楽器演奏など)の場合には、仕事も制限しなければなりません。鍼治療や電気治療が有効です。  
   
なかなか改善が見られない場合には、副腎皮質ステロイド薬の注射が有効なこともあります。ただし、正中神経麻痺の原因が骨折や脱臼である場合には、速やかに手術を受けるようにしなければ神経回復の望みがなくなるおそれもあります。
、名古屋熱田区のなみよせ鍼灸接骨院へお問い合わせください。

image

名古屋で腰痛、肩こりの治療なら

地下鉄名城線、金山駅より徒歩5分。不妊、逆子の治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。

名古屋の熱田区以外の中区、昭和区からもたくさんの患者さんにお越し頂いています。

こんにちは!林田恵美子です。

今日のツボは「尺沢」(しゃくたく)について

場所は、肘の内側で、肘を曲げた時に出来る横ジワの真ん中にある硬い筋(上腕二頭筋腱)の外側です。

効能は、
〇咳止め、花粉症
〇テニス肘、野球肘による肘の痛み
〇腱鞘炎、手の痺れ
〇関節リウマチ

東洋医学では、尺沢の「沢」は、低くへこんだ地形を意味し、水が溜まる所を指しています。
呼吸をつかさどる肺経という経絡(気が巡るルート)が滞ってくると、気管支の水分調整が悪くなり、咳や痰が出やすくなります。

尺沢は「扁桃のツボ」とも呼ばれています。
扁桃の腫れや痛みの解消に効果的です。

もちろん肘や手の痛みにも使えます。尺沢の鍼灸治療も効果的です。
是非使ってみてください!!

image

名古屋で膝痛、坐骨神経痛の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。膝痛、坐骨神経痛の治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の東区、千種区、瑞穂区からもたくさんの患者さんにお越し頂いています。

こんにちは、金子 泰士です。
今日は前回に続いて東洋医学における「四診」について書きます。四診の1つに、患者を視覚的に診る望診があります。望診は患者が診察室に入ってきた時点で始まります。患者の体型、顔色、舌、姿勢、歩き方などに異常がないか観察し、診断します。なかでも、舌を診る舌診は、舌の形や舌の表面にある舌苔の状態などから様々な情報が得られるため、東洋医学の診察に広く用いられます。

image

名古屋で腱鞘炎、ばね指の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。坐骨神経痛、寝違い、花粉症の治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。名古屋市熱田区以外の北区、中村区、西区からもたくさんの患者様にお越し頂いています。

こんにちは。加藤佳樹です。
最近は多湿で暑い日が続きますね。こういう日が続くと食欲不振になります。
食欲不振の原因はいろいろありますがストレスが主な原因かと思います。ストレスがあると血糖値を上げるホルモンが分泌して空腹時でもお腹がいっぱいの状態になり食欲不振になります。また交感神経が優位の状態になり内臓の消化機能が低下し消化不良を引き起こします。
ストレス以外だと胃潰瘍、胃炎などの胃腸関係の疾患、ホルモン異常や肺、心臓疾患などでも食欲不振になります。
解消法としてはマッサージでストレスとるのは凄い効果的ですよ。あと内臓を温める意味で食前に温かいお茶など飲むといいです。
効くツボは腰骨の一番高い所から背骨の中央より指幅二本分、左右指二本分の胃兪。みぞおちとお臍の中間あたりの中かん。お臍から外側に指三本分の天枢のツボの指圧が効果的です。

image