なみよせブログ

名古屋で 交通事故専門治療、耳鳴り なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。
むち打ち、めまいが得意な名古屋熱田区 のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の緑区、天白区、守山区からもたくさんの患者様にお越し頂い てます。
こんにちは。岩瀬 康典です。

今日は「初夏、梅雨時の対策」の第2弾、カビ対策のアロマテラピーです。

まずカビについてのお話から。

カビによる病気には、真菌症
クリプトコッカス症、角膜症、結膜炎、鼻炎、様々なアレルギー、カンジダ感染症、アスペルギルス・フミガーツスなど、挙げていったらキリがないほど、カビによる病気や感染症が増えています。
人体の抵抗力が弱ったところで、カビに感染して様々な病気や症状を引き起こすのです。

そこでカビを殺菌、除菌する手作りスプレーの紹介です。

▼効果的なオイル
・タイム
またら
・ユーカリ+ティートゥリー

▼おすすめのスプレー
材料:ユーカリ 10滴
ティートゥリー 15滴
ホワイトビネガー 50ml
精製水 50ml

または

タイム 10滴
無水エタノール 10ml
精製水 40ml

効果:殺菌、消毒作用があります。
キッチンの排水溝やゴミ箱、バスルームなど、カビやにおいが気になる部分にスプレーしましょう!

image

名古屋で腰痛、肩こりの治療なら

地下鉄名城線、金山駅より徒歩5分。不妊、逆子の治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。

名古屋の熱田区以外の中区、昭和区からもたくさんの患者さんにお越し頂いています。

こんにちは!林田恵美子です。

今日のツボは「太谿」(たいけい)について

場所は、足の内くるぶしの頂点とアキレス腱の間で、少し凹んでいるところです。

効能は、
〇足の冷え、足のむくみ、腰やお腹の冷え
〇生理痛、婦人科疾患の改善
〇こむら返りなどによる足の痛み
〇体の疲れ、めまい、立ちくらみ など

太谿は、足少陰腎経(あしのしょういんじんけい)にあるツボです。
なので足少陰腎経(あしのしょういんじんけい)は字の通り、"腎臓"に関係のある経絡です。
腎臓が弱くなると、疲れやすい、発育の遅れ、性欲減退、早老化、頻尿、むくみ、腰痛、腰の重だるさなどの症状がでます。

普段の生活の中であまり体を動かすことがない人は、足も冷えやすくなっています。
そんな足の冷え(下半身の冷え)に効果があり、また女性特有の症状「生理不順」「生理痛」にも有効で、「若さを保つツボ」としても知られています。

これから足を出す季節になります。むくみやクーラーで体や足の冷えが気になる方、是非使ってみてください!

image

名古屋で寝違え、ぎっくり腰の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。寝違え、ぎっくり腰の治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の西区、中村区、北区からもたくさんの患者さんにお越し頂いています。

こんにちは、金子 泰士です。
今日は前回に続いて東洋医学における「四診」について書きます。四診の1つである聞診は字の如く、患者の発する声や呼吸音などを聞いて診ることを指します。声の大きさ、しゃべり方、息づかい、あるいは咳やしゃっくり、げっぷなどから患者の体調を判断します。また、聞診には臭いをかぐことも含まれます。時に患者の体臭や口臭も、身体の不調を表すサインになり得ます。

image

名古屋で腱鞘炎、ばね指の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。坐骨神経痛、寝違いの治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。名古屋市熱田区以外の北区、中村区、西区からもたくさんの患者様にお越し頂いています。

こんにちは。加藤佳樹です。
最近は気温が高くなり湿度も上がってきました。熱中症になりやすい季節になりました。
熱中症の原因は体温の上昇による臓器における血流の低下です。体温上昇は脱水によって起こります。暑いと汗をかいて脱水症状になりやすいという事ですね。
症状は気分が悪くなる、めまい、吐き気、頭痛など。
症状の度合いによって軽症、中等症、重症に分けられます。
対策としては体を冷やします。扇風機、クーラーで適度な気温、湿度にして体の温度を下げる事です。
こまめな水分補給が必要です。夏場は暑い日に限らずマメに水分をとります。
できれば塩分も摂取できるとよりいいですね。経口補水液、スポーツドリンクがベストです。お茶、コーヒーなどは利尿作用があるため注意です。
熱中症のツボは足の裏面で足の指を曲げると出来る窪みの涌泉。手首から指三本分下がった裏面側の内関、鼻の下の真ん中の窪みの人中の指圧がいいです。

image

名古屋で 神経痛、自律神経の乱れ なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。
めまい、鍼灸治療が得意な名古屋熱田区 のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の緑区、天白区、守山区からもたくさんの患者様にお越し頂い てます。
こんにちは。岩瀬 康典です。

6月に入り少しずつジメジメする日が増え、梅雨入りした地域も出てきました。

今日は「初夏、梅雨時の対策」です。

第一弾はこれから増えてくる蚊を避けるアロマスプレーの紹介です。

現代では様々な国からの飛行機などが乗り入れたり、温暖化による大雨や干ばつに伴い水溜まりから蚊が大量発生し、”マラリア^などの病気を媒介しています。薬剤による蚊の駆除が増える一方で、天然成分の殺虫剤の受容も増えてきました。
そこで体に優しい精油を使った手作り殺虫剤を使ってみませんか?
有効成分は
・ユーカリレモンの成分(P-メンタン-3.8ジオール)
・α-テルピネン2%液
・メチルオイゲノール
・シネオール
・ミルセン
などの成分が忌避活性が高いと言われています。

これらの成分を含むオイルとしては
・ユーカリレモン
・シトロネラ
・ゼラニウム
などがあります。

▼スプレーの作り方
①スプレー付き遮光瓶に精製水45ml(ルームスプレーの場合は水道水でも可)、無水エタノール5mlを入れる。
②その上からエッセンシャルオイル(精油)を合計10~20滴落とす。
③オイルは性質上浮いたり沈んだりしてしまうので、水中に成分を拡散するため、毎回良く振ってから、部屋にスプレーしてください。

市販の殺虫剤に比べ、殺虫成分が弱いスプレーとなるので、香りを楽しむぐらいの気持ちで、部屋に散布すると良いでしょう。

image