なみよせブログ

名古屋で腱鞘炎、ばね指の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。坐骨神経痛、寝違いの治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。名古屋市熱田区以外の北区、中村区、西区からもたくさんの患者様にお越し頂いています。

こんにちは加藤佳樹です。
今日は口内炎について書きます。
口の中に異物ができると辛いですよね。口内の粘膜部分に炎症をきたす事をいいアフタ性やカタル性、ヘルペス性などの型があります。アフタ性はストレスや自律神経機能低下による免疫力低下、栄養不足や妊娠中などが原因で白っぽ潰瘍ができます。
カタル性は粘膜の傷や熱いものを飲んだ時に粘膜を傷付ける場合や免疫力低下などが原因になり水泡や赤っぽくなる事が特徴となります。
ヘルペス性はウイルスが引き金になり乳幼児に多く見られ痛みと水泡ができます。
対策はストレス除去や休養、硬い食べ物はゆっくり食べる。口内は常に清潔状態を保っておく事などです。
効くツボは親指と人差し指の間の付け根の窪みの合谷、唇の両端から外側一センチの地倉、内くるぶしから指三本分上がった三陰交の指圧、鍼灸はいいですよ。

当院の経絡治療、鍼灸治療は〜幸せホルモン〜多幸感を与えてくれるオキシトシンの分泌を促し、精神安定物質であるセロトニンの分泌を促進させます。

筋膜リリース(グラストンテクニック
GTJグラストンテクニックジャパン認定者3名在籍
国内でもグラストンテクニックを受けられる数少ない治療院です。
交通事故の治療ならなみよせ鍼灸接骨院へ。