なみよせブログ

名古屋で神経痛、オスグッドの治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。
肩こり「肩凝り」、腰痛、ぎっくり腰、筋膜リリース、むちうちの治療が得意な名古屋熱田区 のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の南区、港区、緑区からもたくさんの患者様にお越し頂い てます。

こんにちわ!日掛秀樹です今日は胸郭出口症候群について書きます。

症状

つり革につかまる時や、物干しの時のように腕を挙げる動作で上肢のしびれや肩や腕、肩甲骨周囲の痛みが生じます。また、前腕尺側と手の小指側に沿ってうずくような、ときには刺すような痛みと、しびれ感、ビリビリ感などの感覚障害に加え、手の握力低下と細かい動作がしにくいなどの運動麻痺の症状があります。
手指の運動障害や握力低下のある例では、手内筋の萎縮(いしゅく)により手の甲の骨の間がへこみ、手のひらの小指側のもりあがり(小指球筋)がやせてきます。
鎖骨下動脈が圧迫されると、上肢の血行が悪くなって腕は白っぽくなり、痛みが生じます。鎖骨下静脈が圧迫されると、手・腕は静脈血のもどりが悪くなり青紫色になります。

胸郭出口症候群の判定

早朝に指先がしびれたり、指先にかけての筋力低下などは手根管症候や頸椎疾患に良く似ていますので、肋鎖症候群かどうかを知るための判定基準となるテストをご紹介します。
1.肋鎖テスト
椅子に着席した状態で、しびれ、痛みの症状が現れている側の腕を床方向へ引っ張ります。
自覚症状が増悪するかどうかで判断する初期的な確認作業ですが、この時左右両方に増悪する症状がみられる場合は脊髄性疾患の可能性が疑われます。
2.エデンテスト
姿勢としては肋鎖テストと似ています。座位で腕を後下方に牽引し、手首の位置で拍動の変化を観察するもの。
脈拍が弱くなる、消失するなどの変化を起こす時は陽性、全く変化がない場合を陰性と診断します。
3.気を付けテスト
立位あるいは座位の姿勢から両肩を下げ、後方に引いて胸を張ります。
その状態で手首の動脈で拍動に減弱があるかが判定基準です。

また、早期回復、スポーツの早期復帰を希望の方でもし、この様な症状が当てはまる患者様は是非、名古屋市熱田区金山なみよせ鍼灸接骨院へお問い合わせ下さい!

筋膜リリース (グラストンテクニック)
GTJグラストンテクニックジャパン認定者3名在籍
国内でもグラストンテクニックを受けられる数少ない治療院です。

交通事故での首、腰の痛みでお困りの方もお問い合わせ下さい。