なみよせブログ

名古屋で腱鞘炎、ばね指の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。坐骨神経痛、寝違いの治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。名古屋市熱田区以外の北区、中村区、西区からもたくさんの患者様にお越し頂いています。

こんにちは加藤佳樹です。
今日は脊柱管狭窄症について書きます。
脊柱管は背骨をつくる骨の中の空洞部分が狭くなって、そこを通る神経が圧迫して主に腰部や足に痺れ感を伴う病気です。
脊柱は腰だけでなく首から胸部にかけても構造は同じなので狭窄症は起こります。
症状は太ももからふくらはぎやすねにかけて痛みや痺が起こる、立っているだけで痺れたり痛くなったりする事や間欠破行と呼ばれる歩行時に痺れが強くなり歩けなくなり前屈みで休みと楽になりまた歩行を開始するという歩行です。
原因は主に加齢で骨、椎間板、靭帯、関節などが肥厚して脊柱管を狭くします。
対策は日頃から姿勢を正す事や適度な運動、温湿布などで温めても効果的です。
効くツボは腰部ではふくらはぎとアキレス腱の境目でふくらはぎの真ん中にある承山、膝裏の真ん中にある委中、第二、第三腰椎間から左右に指四本外側の志室の指圧、鍼灸は効きます。

当院の経絡治療、鍼灸治療は〜幸せホルモン〜多幸感を与えてくれるオキシトシンの分泌を促し、精神安定物質であるセロトニンの分泌を促進させます。

筋膜リリース(グラストンテクニック
GTJグラストンテクニックジャパン認定者3名在籍
国内でもグラストンテクニックを受けられる数少ない治療院です。
交通事故の治療ならなみよせ鍼灸接骨院へ。