なみよせブログ

名古屋で腱鞘炎、ばね指の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。坐骨神経痛、寝違いの治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。名古屋市熱田区以外の北区、中村区、西区からもたくさんの患者様にお越し頂いています。

こんにちは加藤佳樹です。
今日はレイノー現象について書きます。
指先や爪先などに起こる限定的な血行障害の事をさし精神的緊張、寒冷的な刺激などがきっかけになります。40歳前位の女性に多くみられ予後は良好です。
原因は先程の精神的、寒冷的刺激により末端部における小動脈のけいれんが原因です。
症状は突然手指が蒼白になって紫色に変わり30分位で赤色になり正常になって回復します。季節は秋から冬に多く左右対称にみられ疼痛や痺れ感を伴う事もあります。
対策はコーヒーなどカフェインを含むものや抗ヒスタミン薬は避け、血管を収縮させる喫煙は少なくします。常に手袋などで防寒し十分な睡眠も効果的です。
効くツボは肘の内側のシワ上にあり肘を曲げた時にできる太い腱の外側の尺沢、内くるぶしの指四本分上の骨のキワにある三陰交、親指と人差し指の骨の合わせ目で少し手間の窪みの合谷の指圧、鍼灸は効きます。

当院の経絡治療、鍼灸治療は〜幸せホルモン〜多幸感を与えてくれるオキシトシンの分泌を促し、精神安定物質であるセロトニンの分泌を促進させます。

筋膜リリース(グラストンテクニック
GTJグラストンテクニックジャパン認定者3名在籍
国内でもグラストンテクニックを受けられる数少ない治療院です。
交通事故の治療ならなみよせ鍼灸接骨院へ。