なみよせブログ

名古屋で悪阻、安産の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。
肩こり「肩凝り」、腰痛、ぎっくり腰、筋膜リリース、むちうちの治療が得意な名古屋熱田区 のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の南区、港区、緑区からもたくさんの患者様にお越し頂い てます。

こんにちわ!日掛秀樹です今日は股関節不全について書きます。

原因と病態

病態としては、周産期に緩みのある赤ちゃんの股関節が、下肢を伸ばした位置でオムツをするなどの間違った育児習慣によって外れていくことが多いと言われています。脱臼は生まれた後に発症するのだという議論から、最近は先天性というより発育性股関節形成不全と呼ばれるようになりました。
かつては出生数の2%前後の発生率があり、近年はその約1/10 に減少していますが、成人の二次性変形性股関節症を含めると現在でも代表的な股関節疾患といえます。

診断の仕方は?

寛骨臼形成不全(臼蓋形成不全)は股関節のレントゲンの検査によって診断されます。
レントゲン検査では主に「CE角」と「Sharp角」のふたつの指標が用いられます。施設によってはどちらか一方しか計測しない場合もありますし、必ずしもCE角とSharp角の数値のみで、臼蓋形成不全と診断されるわけではありません。

また、早期回復、スポーツの早期復帰を希望の方でもし、この様な症状が当てはまる患者様は是非、名古屋市熱田区金山なみよせ鍼灸接骨院へお問い合わせ下さい!

筋膜リリース (グラストンテクニック)
GTJグラストンテクニックジャパン認定者3名在籍
国内でもグラストンテクニックを受けられる数少ない治療院です。

交通事故での首、腰の痛みでお困りの方もお問い合わせ下さい。