なみよせブログ

名古屋で腱鞘炎、ばね指の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。坐骨神経痛、寝違いの治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。名古屋市熱田区以外の北区、中村区、西区からもたくさんの患者様にお越し頂いています。

こんにちは加藤佳樹です。
今日は胃痙攣について書きます。なんの予兆もなく突然みぞおちあたりに激痛や軽めの痛みがある発作の症状の事を指し胃の周辺の筋肉が痙攣をお越してる状態です。
原因としては胃の病気や体の冷え、ストレスなどがあり胃の病気については急性胃炎や胃潰瘍など粘膜が障害される病気が多い様です。ストレスは胃酸過多の状態を作りこれも粘膜を傷付けます。
対策は胃痙攣の状態が起こったら横になり安静にします。締め付けは良くないのでベルトは緩めお腹あたりにカイロなどで温めるのも効果的です。たま空腹時も胃痙攣の原因となるので刺激物の少ないヨーグルト、パン、うどんなどを食べて胃に食物を入れてやるのもいいでしょう。
効くツボはお臍とみぞおちの中間の中かん、膝の皿の下で靭帯の外側にある窪みから指四本分の足三里、手首の裏側のシワから指三本分上がった内関の指圧、鍼灸はいいですよ。

当院の経絡治療、鍼灸治療は〜幸せホルモン〜多幸感を与えてくれるオキシトシンの分泌を促し、精神安定物質であるセロトニンの分泌を促進させます。

筋膜リリース(グラストンテクニック
GTJグラストンテクニックジャパン認定者3名在籍
国内でもグラストンテクニックを受けられる数少ない治療院です。
交通事故の治療ならなみよせ鍼灸接骨院へ。